ここから本文です

「スンちゃんと呼んで」五輪韓国代表・チョン・スンヒョンがサガン合流

7/5(水) 9:57配信

佐賀新聞

 J1サガン鳥栖に新加入したリオデジャネイロ五輪韓国代表のDFチョン・スンヒョン(23)が4日、チームに合流した。練習後、入団会見に臨み、「競争が激しいリーグで、一番いい選手と評価してもらえるよう頑張っていく」と抱負を述べた。竹原稔社長は「将来、クラブを背負っていく選手。韓国代表に選ばれるよう育てていきたい」と話した。

-23歳でJリーグに挑戦することになった。

 さまざまなクラブからオファーをもらった。Jリーグに行きたいという思いは強く、そんな中で鳥栖が僕の価値を見いだしてくれた。その思いに応えたいと強く思った。

-日本サッカーの印象は。

 技術が高く、素晴らしい選手が多くいる。ここで戦うための準備をやってきた。

-初練習の感想を。

 練習はハードで、肉体的にも精神的にも強い選手がそろっている。チームメートとスタッフが快く迎えてくれたので、しっかり応えていきたい。

-DFキム・ミンヒョク選手とのコンビもあると思うが。

 DFとして意思疎通は非常に大切。Jリーグでも韓国代表でも活躍している先輩なので、たくさんのことを吸収したい。

-どんなプレーを見せたいか。

 Kリーグでは強力なFW陣に負けないように戦ってきた。誰よりも体を投げ出し、情熱を持ってプレーする。

-サポーターにどう呼んでほしいか。

 ミンヒョク選手(キム・ミンヒョク)はミンちゃん、ドンゴン選手(FW趙東建)はドンちゃんと呼ばれているようなので、スンちゃんと呼んでもらえればうれしい。

最終更新:7/5(水) 10:28
佐賀新聞

スポーツナビ サッカー情報