ここから本文です

【奈良市長選】4名の候補者が対決!新人 井上良子氏 VS 新人 朝広佳子氏 VS 新人 山下真氏 VS 現職 仲川げん氏

7/5(水) 7:00配信

選挙ドットコム

【奈良市長選】4名の候補者が対決!新人 井上良子氏 VS 新人 朝広佳子氏 VS 新人 山下真氏 VS 現職 仲川げん氏

任期満了に伴う奈良市長選が7月2日告示されました。立候補したのは共産党公認で新人の井上良子氏(53)、無所属で自民党が推薦する新人の朝廣佳子氏(56)、無所属で新人の山下真氏(48)、無所属で現職の仲川げん氏(41)の4名です。投開票は7月9日に実施されます。

今回は2期8年の仲川市政への評価、奈良市の東山霊園東山霊苑火葬場の移転問題、まちづくり政策、福祉・子育て政策などが争点と考えられます。

市民の負担を軽減し、憲法を活かした子育てしやすい奈良市を。新人 井上良子氏

共産党から公認を受けた井上氏は、国民健康保険料や介護料を減らし、市民の負担を軽減する政策を提案したい、としています。仮想上の移転計画は「都市計画決定の決議を尊重したい」と市、「憲法を活かし市民の暮らしを守りたい」と述べ、現在市が進めている幼稚園や保育園の再編には反対、子育てに優しい奈良市を目指す考えを示しています。

井上氏は奈良市出身、大阪デザイナー専門学校グラフィックデザイン科卒業。民主青年同盟の奈良県委員長、しんぶん赤旗奈良県記者、日本共産党国会議員団奈良県事務所長などを歴任しました。現在は共産党奈良県常任委員として活動しています。2009年の衆院選には奈良1区から立候補したものの落選、昨年に再度同区からの出馬を表明していましたが、今回の市長選への立候補に転換しました。

市民とまちづくりに取り組んだ経験を活かし、女性ならではの視点でまちづくりを。新人 朝広佳子氏

朝広氏はNPO法人の一員としてバリアフリー観光を推進する活動に取り組んだ経験があります。自分なら「これまでの26年間、市民と共にまちづくりに取り組んだ実績を市政に反映できる」と主張、さらに「女性ならではのきめ細かい視点での市政運営を行いたい」と意欲を見せています。

朝広氏は岡山県出身、結婚を機に奈良に移住しました。読売奈良ライフ代表取締役社長、奈良総合情報サイト「奈良っこ」・月刊情報誌「yomiっこ」編集長、「奈良元気もんプロジェクト」理事長、奈良青年会議所の理事長などを歴任しました。現在はNPO理事長を務めています。

1/2ページ