ここから本文です

【動画解説】西日本に前線停滞 少しの雨でも土砂災害に厳重警戒

7/5(水) 12:33配信

ウェザーマップ

 島根県に発表されていた大雨特別警報は解除されましたが、引き続き梅雨前線は西日本に停滞します。少しの雨でも災害につながるおそれがあり、警戒が必要です。

 台風3号による雨雲は東の海上に抜けていきましたが、西日本には梅雨前線による活発な雨雲がかかり、記録的な大雨になっているところがあります。
午前11時過ぎに島根県に発表されていた大雨特別警報は解除されましたが、土の中の水分量が非常に多くなっていて、雨がやんでもしばらくは土砂災害に厳重な警戒が必要です。

 そして、あす6日(木)以降も引き続き梅雨前線は西日本に停滞するため雨の降りやすい状態は続きます。6日は前線の活動は一旦弱まるものの、大気の状態が不安定で、局地的に激しい雷雨になるおそれがあります。
7日(金)、8日(土)にかけても各地で雨が降り、雨足の強まるところもありそうです。週明けの10日(月)くらいまでは雨の降りやすい状態が続きそうですが、少しの雨でも災害につながるおそれがあるため、警戒を続けてください。(気象予報士・河津真人)

最終更新:7/5(水) 18:12
ウェザーマップ