ここから本文です

ついに大統領側近が脅しまで。トランプ氏とメディア全面戦争突入か

7/5(水) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

「やめてください、とにかくやめてください」

6月下旬からは、大統領報道官による記者ブリーフィングにカメラ(スチール、テレビ両方)が入れなくなり、CNNが法廷の報道に使われる「法廷画家」を送り込む事態となっている。

トランプ大統領を支援してきた保守系タブロイド紙ニューヨーク・ポストですら7月1日、「トランプのツイート」と題する社説にたった1行、こう書いた。

「やめてください、とにかくやめてください」

新興オンラインメディア「Axios」のマイク・アレン氏が6月29日早朝に発信したニューズメールには、太字でこう書かれていた。

「現状は、正常ではない」

そしてこう続いた。

「24時間、毎日、ガラス越しに見ているようなおかしな出来事が降りかかってくる。(中略)トランプ大統領のツイートは過去24時間に、CNN、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、NBC、CBS、ABCに『フェイク・ニュース』とする集中砲火を浴びせ、メディアに危険な中傷を加えているが、こんなことはニクソン元大統領以来か? ニクソンが、24時間以内に偉大な報道機関6社を名指しで攻撃したことがあったか?」(Axios AM)

このニューズレターの約3時間後、ニュース専門局MSNBCの朝番組の女性アンカー、ミカ・バージンスキーさん(50)のことを、トランプ氏はTwitterでこうののしった。

「顔のしわ取り整形手術で、ひどい血を流していた」

「IQが低い、頭がおかしいミカ」

「彼ら(=彼女と同僚アンカー/婚約者ジョー・スカーボロー氏=54)が、私の悪口を言ったと聞いた(もう番組を見るな)」

明らかに、女性の容姿に対するセクハラ、朝のニュース番組を仕切るベテラン女性に対する差別、そして国家首脳による前例がない個人攻撃だ。同日予定されていた、文在寅・韓国大統領のワシントン訪問、議会にかかっていた重要法案など大ニュースが全て吹っ飛んだ。

1/3ページ