ここから本文です

フェデラー 歴代3人目のサービスエース1万本達成<男子テニス>

7/5(水) 2:06配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)は4日、男子シングルス1回戦が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)が世界ランク84位のA・ドルゴポロフ(ウクライナ)の途中棄権により、15年連続の初戦突破。さらにサービスエースの数で、歴代3人目となるキャリア通算10,000本を達成した。

【錦織vsスタコフスキ 1ポイント速報】

この日、6-3, 3-0とリードした時点でドルゴポロフの棄権により、労せず2回戦へ駒を進めたフェデラーは10本のサービスエースを叩き込んで通算10,004本を記録し、10,131本で歴代2位のG・イバニセビッチ(クロアチア)との差を縮めた。

ウィンブルドンで歴代最多タイの7勝を誇る元王者のフェデラーは今シーズン好調で、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でタイトルを獲得。さらにBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)とマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)のマスターズ2大会で優勝。

前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)でも優勝を飾っている。

2回戦では、D・ラヨビッチ(セルビア)と18歳のS・チシバスの勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:7/5(水) 2:06
tennis365.net