ここから本文です

昭和のカケラ ソックタッチ

7/5(水) 10:34配信

佐賀新聞

 「ソックタッチ」は靴下がずり落ちないようにふくらはぎに塗ったスティックのりのような商品。昭和の靴下はわりと長めが多く、しかも洗濯で伸びやすかった。主に女子が愛用していた。使用時は位置を決めた後に靴下を少し折り返し、そこにソックタッチをぐるりと塗ってくっつけた。すね毛が絡まると痛かった。

最終更新:7/5(水) 10:40
佐賀新聞