ここから本文です

九州北部で記録的大雨 6日にかけて土砂災害に厳重警戒

7/5(水) 16:33配信

ウェザーマップ

 西日本は大気の状態が非常に不安定で、6日にかけては局地的に大雨となる見込み。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の増水、氾濫にも警戒が必要だ。
 
 5日の西日本は、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となっている。福岡県など九州北部では、昼過ぎから1時間120ミリ以上の猛烈な雨が解析された。福岡県朝倉市で正午から午後4時までの雨量が300ミリを超えるなど、記録的な大雨となっているところがある。

大雨・雷・突風 局地的に猛烈な雨も

 西日本は6日にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となるところがある。とくに、九州北部では局地的に1時間100ミリの猛烈な雨が降る見込み。

■6日夕方までの予想雨量(多いところ)
 九州北部        200ミリ
 九州、奄美、中国、四国 100ミリ

 土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも警戒が必要だ。西日本では6日にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。

最終更新:7/5(水) 16:36
ウェザーマップ