ここから本文です

杉田祐一 四大大会初勝利は「嬉しいですが、もっといける」<男子テニス>

7/5(水) 3:40配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)は4日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク44位の杉田祐一が四大大会初勝利をあげて初戦突破。試合後の会見では「非常に嬉しいですが、もっといけると自信がある」と上位進出へ意欲を見せた。

【錦織vsスタコフスキ 1ポイント速報】

この日、世界ランク232位のB・クライン(英国)に1度もブレークを許さず、7-6 (7-5), 6-3, 6-0のストレートで下した杉田は「まだここでは終わらないという気持ちが強かった」とグランドスラム初勝利に満足せず、更なる飛躍を誓った。

「これをステップにしたい」と口にした28歳の杉田は、前哨戦のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)でツアー初優勝を果たし、男子史上3人目の快挙を達成。さらに世界ランキングでは松岡修造の46位を抜いて、錦織圭に次ぐ日本男子歴代2位の44位を記録した。

2回戦では、第19シードのF・ロペス(スペイン)とA・マナリノ(フランス)の勝者と対戦する。

同日にはダニエル太郎が1回戦に登場したが、M・ククシュキン(カザフスタン)に逆転で敗れた。

第9シードの錦織と世界ランク122位のS・スタコフスキ(ウクライナ)の男子シングルス2回戦は、日本時間5日の21時(現地5日の13時)に開始予定。

tennis365.net

最終更新:7/5(水) 3:40
tennis365.net