ここから本文です

「我々はジルーを獲得しにいく」トップ6目指すエヴァートンのスカウトが宣言

7/5(水) 16:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

改革は止まらない

エヴァートンはプレミアリーグで唯一、トップ6を脅かす可能性があるチームだ。`16-`17シーズンのエヴァートンは7位で終えるも、得点数は6位マンチェスター・ユナイテッドを上回る62点で、失点数は5位アーセナルと同じ44失点に抑えている。またトップ6を除いたチームで唯一、得失点差をプラスで終えた。

その躍進の背景には、もちろんストライカーであるロメル・ルカクの存在があるが、若手選手の台頭やロナルド・クーマン監督の手腕も光っている。トップ6入りを目指すエヴァートンは、来シーズンに向け早くも4人の補強に成功した。それもすべて実力ある選手たちだ。しかしこれだけで終わらず、アーセナルのストライカーであるオリヴィエ・ジルーの獲得に乗り出しているという。

英『METRO』は、エヴァートンが2000万ポンド(約30億円)でジルーの獲得に乗り出すと報じている。またエヴァートンのスカウトは伊『Radio Crc』に「我々はジルーを獲得しにいく」と宣言した。続けて「彼は2000万ポンドかかるだろう。しかしこれは我々がナポリにドゥバン・サパタ獲得のために聞いた額の2200万ポンドに比べたらバーゲン価格だよ」と語っている。

ルカクの放出を食い止められないためか、代わりとなるストライカー獲得に出るエヴァートン。しかしジルーの獲得に成功すれば、強力なスカッドが完成するだろう。トップ6を狙うエヴァートンの改革から目が離せない。

https://www.theworldmagazine.jp