ここから本文です

「将来したい事が見つからない」10代リスナーに [Alexandros]川上「貪欲になって」

7/5(水) 19:50配信

TOKYO FM+

[Alexandros]の川上洋平が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。リスナーから寄せられた「将来したい事が見つからない」というメッセージを紹介し、直接電話をかけてアドバイスしました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!」7月4日放送分)

【リスナーの相談】
僕にはとても難しい悩み事があります。それは将来したい事が見つからない事です。学校の先生には将来したい事を早く見つけて、それをもとに進路を考えるべきだと言われました。確かに正しい事だとは分かっているのですが、したい事などはふとした時に見つかるんじゃないかなと思うのです。急いで将来したい事を探すべきでしょうか? 洋平先生の考えを聞きたいです。(16歳・男性)

【リスナーに電話】
川上「今、メッセージを読ませていただきました。自分でも書いてくれているけど、先生が言ってることは正論だとは思うけどね。“早く見つけた方がいいよ!”というのは、“それをもとに進路考えた方が楽だぜ”ということですね。でも見つかってないなら、無理に見つける必要はないもんね」

リスナー「はい」

川上「ちなみに行きたい大学とかはある?」

リスナー「特にないんですけど、付属高校に入ったので大学は大方決まっている感じです」

川上「そっか。じゃあとりあえずそれでも全然問題無いと思いますよ。俺なんかは小学校ぐらいのときから“ミュージシャンになってやる!”みたいなことを決めてたけどね。だから俺はふとした時に見つかると本当に思いますよ」

リスナー「はい」

川上「ちなみに、今やっていて1番楽しいことは何?」

リスナー「特に考えずに、ボーっとしているのがとても好きです」

川上「それはそういう時期なんだろうね(笑)。俺は別に悪い事だとは思わないけど、腹を空かせた方がいいと思うよ。例えば友達に誘われたときに、ちょっと面倒くさいと思って行かなかったりしがちなんですよ。でもとりあえず重い腰を上げていくのもありかなとは思う。これは俺の経験談なんだけど」

リスナー「はい」

川上「俺めっちゃ出不精なんですよね。とにかく面倒くさがり屋なんですよ。音楽以外の事は、本当にダメだから。これほどダメかと言うくらい人間的にダメ。だから今になって、昔もうちょっと色々なことに興味持ってた方が良かったなというのはあるかな(笑)。何か、将来したいことに辿り着くステップみたいなものが見つかるかもしれないからさ。例えば漫画を読んでいて、“漫画書こうかな”とか、“漫画に携わる仕事したいな”とかそんなのでも全然素晴らしいと思う」

リスナー「はい!」

川上「そして楽しむことが出来たら、そのもっと先にあることを見据えてみたりしてもいいかも知れませんね。『今、俺がやっているこの遊びの延長線には、仕事があるんじゃないかな?』って。さっき言った漫画も音楽も基本そうだからさ。なんかギターがあって、“面白そうだな。かっこいいな。女の子にモテたいな”と思う。それでパッとやったら、“いいじゃん! かっこいい! これ仕事に出来たらいいな!”みたいなさ。そういうところから始まっているからね。でもそれは吸収力……スポンジをめっちゃ柔らかくしとかないと、腹空かせとかないと吸収出来ないことだから。ぜひ貪欲になってください! どうですか俺の考えは?」

リスナー「とても参考になりました!」

川上「本当に? また何かあったら言ってね。じゃあ、おやすみ」

リスナー「はい! おやすみ!!」

最終更新:7/5(水) 19:50
TOKYO FM+