ここから本文です

友近も5分で帰宅、鳥居みゆきの個性的すぎる部屋にタカトシ衝撃

7/5(水) 16:00配信

AbemaTIMES

 『タカトシのバラエティーだろ~が!!』で、お笑いコンビ・タカアンドトシが、お笑い芸人・鳥居みゆき(36)の自宅を訪問。鳥居の個性的で不気味な自宅が公開された。

 同番組は、タカアンドトシの2人が芸能人や著名人の自宅を訪問し、プライベートを探っていく。また、番組内では自宅で高そうなアイテムを見つけ、過去のゲストからもらったアイテムと交換してもらう「芸能人宅わらしべハンター企画」も行われる。

 鳥居の自宅は2DKの家賃10万円のマンションだ。玄関に入ってすぐ、電球や壁に蜘蛛の巣があるのを発見したタカアンドトシは「(鳥居の)キャラ通りっちゃキャラ通りだけど……」と不安げな様子。

鳥居みゆき、部屋には赤い壁 骸骨も展示

 2人がドアを開けると、薄暗いリビングから目を見開いた鳥居が「こんばんわ~!」と登場。部屋の中は真っ赤な壁と床で、2体の骸骨や人体図のポスターが飾られ、赤いシャンデリアが吊るされていた。これにはタカアンドトシも「何この部屋!こわいこわい」と圧倒される。

 トシは「20歳くらいまでなら分かるけど、36歳でこの部屋はどうなの?もっと落ち着きなさいよ」と諭すも、鳥居は「だって赤が落ち着くんですもん。こういうの好きなの」と譲らない。ちなみに骸骨は、子どもの頃に母親にねだって買ってもらったものだという。

 前回のゲストであるK-1チャンピオン・武尊からゲットしたお宝であるグローブを骸骨の手にはめる鳥居。トシもこれを見て「ファンが泣いてるよ。欲しい人いっぱいいるんだから」と嘆いた。

 「ピザでも取る?」「リッツパーティーとかしたかったんだ」「チョコ食べます?」「みんなでピーナッツバターをひとすくいずつ食べる?」と、鳥居のペースに飲まれるタカアンドトシの2人。このマンションには結婚して10年経つ夫と暮らしているが、夫は鳥居の趣味とは合わないのだという。しかし、お互い暮らしにあまり干渉しないことと引き換えに、部屋のインテリアは鳥居の好みに合わせてくれているそうだ。

 トシが「友達遊びに来るの?」とたずねると、「最近友近さんが『夕方から仕事やねん』って昼に来たんですけど、5分で帰りました」という。友近は「仕事の入りが早かった」と言い訳していたとのこと。

 またアンガールズの田中卓志も1人で遊びに来たことがあり、そのときは「Wiiのマリオのゲームを1人でやってクリアして帰っていきました」と明かした。フリーダムな鳥居の友人たちもまたフリーダムなようだ。

(AbemaTV/『タカトシのバラエティーだろ~が!!』より)

最終更新:7/5(水) 16:00
AbemaTIMES