ここから本文です

YouTuberジョー、3カ月後にボクシングプロテスト挑戦 トレーナーは亀田興毅

7/5(水) 19:41配信

AbemaTIMES

 人気YouTuberジョーブログのジョーが、わずか3カ月でボクシングのプロテストに挑戦する。AbemaTVの特別企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」に出場、注目を浴びたジョーが、同局で7月9日から始まる「亀田×ジョー プロボクサーへの道~3ヶ月でデビュー戦~」で、プロボクサーを目指す。過去にボクシング経験はあるものの、ほぼ素人の状態から3カ月でプロテストに合格するという無謀とも言える挑戦だ。トレーナーには元世界チャンピオンで日本人初の3階級制覇を成し遂げた亀田興毅氏(30)が就任。「気持ちで絶対負けないように頑張ります」というジョーは、果たしてプロになれるのか。

 プロボクサーになるために、もっとも必要なのは「ガッツ」だ。プロテストへの意気込みを聞かれたジョーが「精密な打ち方とか、試合運びとか、戦術面とはまったく無知なので」と話していたところを、トレーナーの亀田が言葉をさえぎった。「そんなのまったくいらない。毎日走って、ジムに顔出すだけでいい。それだけでも、ほとんどのやつが来なくなる」と言い切った。「この3カ月、休まないで毎日続けるのが大変なんですよ。お酒が好きな人だって365日、毎日飲むのは大変でしょう」。走り出したら止まれない。止まった時は終わりの時。リングで倒れたら負けなのと同じだ。亀田トレーナーが、トレーニングを始める前に伝えたかったのは、一番大事なガッツだった。

 ジョーはすでに、トレーニングの一部を体験している。亀田が見守る中、ボクサーが日常的にこなしているトレーニングの1/3をこなす前に、息が上がり、倒れこんだ。「拷問みたいでしたね。体力のなさを痛感した。練習についていくことから始まるんだと思いました」と、険しい山であることを自覚した。それでも「1000万円」企画に出場した際のファンからの声が支えになっている。「必死にやったら伝わるものがあるんだなと思いました。プロテストに落ちたらどうしようとか、そういうプレッシャーをバネにして、むしろ誰かの勇気になるような挑戦をしてみたいです」と、破天荒YouTuberの魂にも火がついている。

 本来であれば、1年以上はかけて挑戦するボクシングのプロテスト。ジョー本人も、亀田トレーナーも、ぎりぎりの勝負であることはよく分かっている。この挑戦を乗り越えた時、「1000万円」とは違った感動が、ファンの心に飛び込んでくる。

最終更新:7/5(水) 19:41
AbemaTIMES