ここから本文です

茨城被ばく事故は保安規定違反か

7/5(水) 13:52配信

ホウドウキョク

茨城・大洗町の核燃料の研究施設で、5人が内部被ばくした事故で、原子力規制委員会は、保安規定違反の可能性が高いという認識を示した。
日本原子力研究開発機構の施設では6月6日、作業員5人が、点検のため容器を開け、内部被ばくしている。
原子力規制委員会は、施設への立ち入り検査を行い、事故のくわしい状況を調べていたが、高い放射線量の物質を扱う場合などに必要な届け出を行っておらず、保安規定違反の可能性が高いとした。
また、施設では、体を除染するためのシャワーが壊れていたことなどがわかっていて、規制委員会は、安全面で十分に予算が確保されていなかった可能性があり、原子力機構の児玉理事長から直接、聞き取りが必要だという認識を示した。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/5(水) 13:52
ホウドウキョク