ここから本文です

【Mamby on the Beach 2017】Walk The Moon、Thundercatらが登場した2日目のレポート到着

7/5(水) 18:35配信

Billboard Japan

 アメリカ・シカゴの野外音楽フェスティバル【Mamby on the Beach 2017】が、現地時間の6月24日・25日と2日間にわたり開催された。

【Mamby on the Beach 2017】2日目写真(全31枚)

 【Mamby on the Beach 2017】は、シカゴのダウンタウンから車で東へ10分ほどの場所にあるオークウッド・ビーチが会場のミュージックフェスティバル。2015年に初めて開催され、今年で3年目を迎えた。ヘッドライナーにMGMTとWalk the Moonを迎え、2日間で述べ30,000人を動員した。ここでは同フェスの2日目をレポートする。

<Walk The Moon>
 ここ数年アメリカでの彼らの人気の沸騰ぶりに毎回驚かされる。観客の半分くらいは夏休みを満喫中のティーンエイジャーで、他はパーティー好きの大人といった客層だ。フロントマンのニコラスとベースのケヴィンが「マンビー!用意はいいか?」と叫び、キーボードのイントロに観客から先に歌い出す「Up 2 U」でライブがスタート。この日はゲイ・プライド・デーであったためか、ニコラスのフロアタムがレインボーカラーになっていた。ボーカルの声をかき消すほどのシンガロングと歓声、そこに呼応するメンバーのハイエナジーなプレイスタイルは、最高の夏休みのスタートになった。

<Cut Copy>
 上下白のスタイルで登場したフロントマンのダン。彼のソフトなボーカルと軽快なステップに反して、ギターのティムとベースのベンがアグレッシブにプレイを魅せる。また、観客もビールを飲みながら気ままに彼らの音に合わせて踊る。大人なディスコサウンドは健在で、新作が待ち遠しくなった。

<Thundercat>
フジロックに出演する彼は、本フェスの前日までヨーロッパでプレイしており、今年の目玉と言えるアーティストだろう。ピンク色のドレッドヘアで、オレンジのビーニーに同色のボクサーパンツ、足元はビルケンシュトックのサンダルで登場。無言のまま彼のベースジャムが始まる。6弦ベースのネックを見てると指の動きが早すぎてトリックを見ているようだ。リリックが面白いので笑ってしまうが、超絶ギターテクと、これまた超絶パワードラムプレイに歓声が上がる。いい意味でクレイジーなサウンドに、彼を知らなかった観客のキッズまでノックアウトされてしまっていた。

<STRFKR>
メンバーは宇宙服を着て登場。ダンサーも多くいて彼らの宇宙服だ。ステージ脇にはヤシの木や白鳥、ドーナツなどの浮き輪が置かれて、ここがビーチなのか宇宙なのか摩訶不思議な空間に。ポップでノリノリなダンスチューンにダンサーの面白パフォーマンスに、観客もノリノリのダンスで応戦する。途中、ダンサーは宇宙遊泳かのごとくクラウドサーフし、その上を巨大な浮き輪が舞う。こんな楽しいステージなら毎日見たいと思わせてくれた。なお、彼らは近いうちに来日もするとのことなので、このステージが日本でも見られると思うと楽しみで仕方がない。

<MUNA>
 LAを拠点に活動するエレクトロポップバンド。シンガーのケイティにギターのジョゼットとベースのナオミで構成されたMUNA。ゴシックでダークなケイティがパワーボーカルで、ジョゼットとナオミは男顔負けのめちゃくちゃクールなプレイスタイル。特にジョゼットのギタープレイはブルースを取り入れていて、釘付けになった。

<Sir The Baptist>
 この2日間でアップカマーの黒人アーティストのステージにKOされっぱなしだ。ラッパーでR&Bシンガー、作詞家、プロデューサーをなんでもこなすSir The Baptistもその一人といえる。マンビーにフルバンドを連れて登場。敬愛するスティービー・ワンダーを真似るパフォーマンスを観客にも促し一緒にシンガロングしたかと思えば、今度はストリングス隊を引き連れて観客側に降りて来て観客の中で一体となってノリノリのパフォーマンス。ファンクでソウルフルなステージが最高だった。

<Gavin Turek>
 褐色の肌にモデルのような体型、コケティッシュな美人で懐かしいダンスチューンとくればそれだけで誰もが釘付けになる。その上、レコードを聴いているかのような、絶対にキーを外さない完璧なボーカルに、軽快なダンスはシュープリームス時代のダイアナ・ロスを彷彿させる。2017年の注目アーティストは彼女で間違いない。

Photo & Text:ERINA UEMURA

最終更新:7/5(水) 18:35
Billboard Japan