ここから本文です

辺野古新基地:石材の設置作業続く 市民ら海と陸から抗議

7/5(水) 11:15配信

沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ北側の新基地建設工事現場では5日、K9護岸建設予定地で石材を入れた網袋を設置する作業が行われた。建設に反対する市民らは船やカヌーに乗って抗議した。

 ゲート前では市民約100人が座り込みをしながら、歌を歌ったり「違法工事をやめろ」と声を上げたりして抗議した。午前10時半までに工事車両の搬入はなく、暑さ対策のため近くのテント内に移って監視を続けている。

最終更新:7/5(水) 11:40
沖縄タイムス