ここから本文です

金沢で映画「君の膵臓をたべたい」試写会 主演の浜辺美波さんが舞台あいさつ

7/5(水) 1:53配信

北國新聞社

 石川県出身の女優浜辺美波さん主演の映画「君の膵(すい)臓(ぞう)をたべたい」のネスク特別試写会(北陸放送主催、本社後援、ネスク協賛)は4日、金沢市の北國新聞赤羽ホールで開かれ、約400人がはかなくも美しい高校生の青春物語に見入った。上映後に浜辺さんが舞台あいさつし、「主演した映画と一緒に石川に戻ってこられてうれしい」と喜びを語った。

 上映後に浜辺さんが姿を現すと、会場からは温かい拍手が送られ、「美波ちゃん」と書かれたボードを掲げる観客もいた。浜辺さんは撮影時のエピソードや役作りの苦労などを紹介し、「作品を通して一日一日の大切さをあらためて感じることが多かった。大切な人と劇場に行ってもらえたらうれしい」と話した。

 映画は、作家住野よるさんの同名小説が原作となる。高校のクラスメート山内桜良の言葉をきっかけに母校の教師となった「僕」は、教え子と話すうちに、高校時代に桜良と過ごした数カ月を思い出す。重い病気を患っていた桜良の死から12年後、ある出来事をきっかけに、桜良が伝えたかった本当の思いを知る。

 桜良を浜辺さん、「僕」を北村匠海さん、12年後の「僕」を小栗旬さんが演じたほか、北川景子さん、上地雄輔さんらが出演した。映画は28日、全国公開される。

北國新聞社

最終更新:7/5(水) 1:53
北國新聞社