ここから本文です

冷水に打たれ無病息災祈る 中能登の不動滝

7/5(水) 16:03配信

北國新聞社

 中能登町井田の町名勝「不動滝」で5日、滝開きが行われ、白装束の僧侶や地元住民らが高さ20メートルから落ちる水に身を打たれて家内安全や無病息災を祈った。

 滝つぼ近くで真言宗圓光寺の長谷契俊(けいしゅん)住職らが法要を営んだ後、僧侶らが次々と滝つぼに入り、般若心経を唱えながら全身で冷たい水を受け止めた。前日の大雨で水量はやや多く、参加者からは「例年より水の勢いが強い」との声が聞かれた。滝周辺では護摩法要が営まれた。

 大阪府門真市の建設業、川口剛嗣さん(41)は仲間とともに滝に打たれ「仕事の嫌なことを吹き飛ばそうと思って来た。リセットできた」と話した。

北國新聞社

最終更新:7/5(水) 16:03
北國新聞社