ここから本文です

仙台に痛手、永戸勝也が全治6カ月…J1前半戦全試合出場のルーキー

7/5(水) 7:16配信

SOCCER KING

 ベガルタ仙台は4日、DF永戸勝也が右足を負傷し、3日に仙台市内の病院で手術を受けたと発表した。同選手は1日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節のガンバ大阪戦で負傷。右足関節脱臼骨折および複合じん帯損傷との診断で、手術日より約6カ月との全治見込みと発表されている。

 永戸は1995年生まれの22歳。法政大学出身のルーキーで、1年目の今季は明治安田生命J1リーグ第17節まで全試合に出場していた。

 仙台は明治安田生命J1リーグ第17節を終えて、6勝3分け8敗の勝ち点「21」で12位。次節は8日、ヴィッセル神戸とのアウェイゲームに臨む。

SOCCER KING

最終更新:7/5(水) 7:16
SOCCER KING