ここから本文です

NEC、クラウド型「働き方見える化サービス」を開始--1ID月額500円から利用可能

7/5(水) 13:22配信

CNET Japan

 日本電気(NEC)は7月5日、企業における働き方改革の支援を目的とした、クラウドを活用し1IDあたり月額500円(税別)から利用できる「働き方見える化サービス」の提供を同日付で開始した。

 このサービスは、自宅や外出先で行うテレワークやオフィスでの勤務状況について、データ収集と可視化を可能とするもの。在宅勤務や客先訪問など社外で業務を行うテレワークでは、PCやスマートフォン経由で勤務申請や管理者承認、業務報告などが可能。申請用のウェブ画面で、その日の勤務形態(通常、直行/直帰、在宅)と勤務予定時間、業務内容を登録すると、自動的に管理者あてに承認依頼メールが通知され、申請、承認作業をスムーズに行うことができるという。

 勤務時間中については、4つの勤務状態(開始、休憩、再開、終了)を選択することにより、勤務実績を登録できる。業務終了時には業務報告や勤務実績の修正も可能。ほかにもホーム画面に残りの勤務時間を表示することや、長時間の連続勤務時、勤務終了30分前、勤務終了時にポップアップ画面で注意を促し、休憩の取得や超過勤務抑止を促すこともできる。

 顔認証セキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor」との連携により、Windowsログオン時に顔認証による本人確認ができるため、なりすまし防止もおこなえるという。

 このほか、Skype for Businessとの連携により、テレワークとオフィス業務双方で、在席状況やPC利用状況といった社員の勤務状況のデータを自動収集し可視化する。これにより、社員の勤務状況報告の手間が省けることに加え、客観的なデータで個々の勤務状況を把握できるため、長時間勤務の是正や生産性の向上など業務の効率化を支援する。

 今後については、PCで利用しているアプリケーションやその使用時間など可視化対象の拡大に加え、勤務時間の集計機能(個人単位から、部門別、企業全体まで対象)などの強化も予定しているという。

 なおこのサービスはクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」上で提供。利用にはNEC Cloud IaaSの契約が必要となっているが、初期費用は0円、月額利用料は1IDあたり500円からという料金で利用できるため、スモールスタートから始めて、運用状況を見て利用者数の拡大を検討するといったニーズにも対応できるとうたっている。

最終更新:7/5(水) 13:22
CNET Japan