ここから本文です

伊モンテ・パスキ救済策、EUが承認-54億ユーロ注入で政府7割保有

7/5(水) 2:29配信

Bloomberg

イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは同国政府から54億ユーロ(約7000億円)の資金注入を受ける計画について、欧州委員会の正式な承認を得た。イタリア政府は公的資金を投じる代わり、同行の経営再建策をいっそう深化させる。

欧州委は今回、支払い能力があるとされながらも事業存続のための政府支援を認める予防的資本注入を承認した。モンテ・パスキは昨年12月に投資家からの資金調達に失敗し、政府に支援を仰がざるを得なくなっていた。

イタリアのパドアン財務相はローマでの記者会見で、7月に行うモンテ・パスキの増資を政府が引き受けることで、政府の出資比率は70%になると説明。会見に同席した同行のモレリ最高経営責任者(CEO)は、政府の保有株売却は銀行の業績次第だとしつつ、2021年までに政府の管理下から脱却することで欧州当局と合意していると語った。

モンテ・パスキは政府支援を受ける条件として、消費者や小規模企業向けの事業モデルに転換し、効率性と信用リスク管理の改善に力を入れる5カ年計画に合意。欧州委によると、同行は証券化された約260億ユーロの不良債権を売却する。そのうち上位部分は政府保証が要請され、最もリスクの高い部分は銀行救済基金「アトランテ2」に移管される。

同行経営陣の給与には制限を導入。従業員平均給与の10倍相当を上限とした。

原題:Monte Paschi Wins EU Backing for $6.1 Billion in State Aid (1)(抜粋)Italy to Hold 70% of Paschi After Recapitalization: Padoan(抜粋)

Sonia Sirletti, Aoife White

最終更新:7/5(水) 2:29
Bloomberg