ここから本文です

コエントラン、ローンで母国復帰が決定...古巣の宿敵スポルティングへ加入

7/6(木) 8:17配信

GOAL

レアル・マドリーのDFファビオ・コエントランが、1年間のローンでスポルディング・リスボンに加入することが決まった。

元ベンフィカのコエントランは、ライバルクラブであるスポルディングに期限付きで移籍する。昨シーズン、レアルで6試合に出場したのみと十分な出場機会を得られなかった同選手は、4日に自身のツイッターで「偉大なクラブでプレーする機会を得られてとてもうれしい」と投稿。

所属先のレアル・マドリーも「レアル・マドリーとスポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルは2018年6月30日までファビオ・コエントランがローンで移籍することに合意した」と声明を出している。

ベンフィカでリーグ優勝1回、カップ戦を2度制した経験のあるコエントランは、2011年に3000万ユーロ(当時約35億円)の移籍金でレアル・マドリーに加入。1年目からレギュラーとして活躍してきたが、2014年以降は出場機会が徐々に減少していた。

ローンで母国復帰を果たしたコエントランは、スポルティングで復調のきっかけをつかめるのだろうか。

GOAL

最終更新:7/6(木) 8:17
GOAL