ここから本文です

浦和大敗でサポーターがブーイング、ペトロヴィッチ監督「次から連勝しなければ辞める」!

7/6(木) 13:42配信

J-CASTニュース

 サッカーJ1の浦和レッズは2017年7月5日(第13節、等々力陸上競技場)、川崎フロンターレに1‐4で大敗した。試合後、約500人のサポーターが競技場のバス出入り口を封鎖。バスを降りたミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)が、サポーターと話し合いの場をもち、次戦からの連勝を約束した。

 クラブも6日朝、公式サイトで謝罪の声明を発表するなど、不満を募らせるサポーターへの説明に追われている。

■「この結果だとブーイングもしょうがないのかな」

 浦和はこの日、通常の3バックから4バックに切り替えて挑んだ。だが、DF槙野、遠藤の両センターバックの間を突かれ、前半で2失点。後半37分には遠藤のファウルによるPKで1点を献上した。昨季リーグ最少失点だった守備陣はこれで、昨季の失点数を既に上回った。

 今季は8勝2分7敗で8位。昨年は年間で準優勝だった強豪が、特にここ8戦の成績がひどく2勝6敗と低迷。サポーターの不満が募っていた。

 試合後、観客席前であいさつした選手たちに、浦和サポーターからの大ブーイングが巻き起こった。選手たちがサポーターに一礼する中、MF柏木は客席の1点を凝視したままピクリとも動かず。客席からこの様子を映した動画が、インターネット上に出回り、「不貞腐れ、礼もせず悪態をつく」「柏木は挨拶せずに何か言い返してんな」「こりゃ選手も気の毒じゃねえか?」とネット掲示板で物議を醸した。

 さらに各スポーツ紙の報道によると、約500人のサポーターがその後、浦和のバスを取り囲む事態も発生したという。ペトロヴィッチ監督が計2度、バスから降りてサポーターと話し合いの場をもち、次の新潟戦から連勝しなければ、真っ先にチームを去る、と大声で宣言したそうだ。

 ツイッターでは一連の騒動に対し、

  「この結果だとブーイングもしょうがないのかなと思ってしまう」
  「ブーイングするサポの気持ち考えろよ!!! どれだけブーイングすることが悲しいか」
  「ミシャ、選手は頼むから最後はタイトル取って俺たちサポを黙らしてくれよ」

といった叱咤激励の声が飛び交っている。

1/2ページ

最終更新:7/6(木) 14:43
J-CASTニュース