ここから本文です

怪物スラッガー・清宮の“天敵”直撃「去年と同じ攻めということはない」

7/6(木) 11:00配信

東スポWeb

 最後の夏を迎えた怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(3年)を擁する早実は甲子園切符をつかめるか。注目の第99回全国高校野球選手権大会・西東京大会は8日に開幕する。各校とも打倒早実、打倒清宮に虎視眈々。昨夏の西東京大会準々決勝で早実を破った八王子学園八王子・安藤徳明監督(55)も2年連続勝利に腕をぶす。順当に勝ち進めば準決勝でぶつかる早実戦に向け、清宮攻略法の一端を明かした。

 ――西東京を制した昨年と比較して、今年のチームの仕上がりは

 安藤監督:技術的には今年のほうが格段にいい。(昨年エースだった)早乙女も(今春からエースの)米原もボールの質、スピード、コントロール、変化球のキレ、すべてにおいて上がっている。打力もあるので、あとはミスを少なく勝ち進めれば。今年のほうがいろんな面で手応えのある、楽しみなチームです。

 ――理想とする野球は

 安藤:もともと野村克也監督のID野球にすごく興味があった。毎日ミーティングをしていて、プロを相手に何をそんなに話すことがあるんだろうと。データ、場面ごとの考え方、配球の読み、そういう情報の中から確率の高いものを選んでいく。毎年新入生には「野球マニュアル」という50ページほどの冊子を配っているんですが「野村ノート」の高校生バージョンみたいなもの(笑い)。データはできる限り取る。その上で想定外のことが起こる可能性も常に考えさせています。

 ――昨夏の準々決勝では清宮に敬遠、専用シフト、執拗な内角攻めとあらゆる策を弄した

 安藤:正直な話、まともにやったらウチの投手では抑えられない相手。内角のボール球に手を出してくれればチャンスがあるかと思ったが、それには手を出してくれなかった。打つ手がないなと。それで早乙女に、力はなくていいからとインハイぎりぎりの球を投げさせた。そこをファウルにするか、詰まるか、あるいは手を出さないか。結果は打ち損じのセカンドフライでしたね。あそこしかない。それも去年までの話ですが。

 ――今大会も順当に勝ち進めば準決勝で早実と当たる。清宮攻略法は

 安藤:まずは早乙女でいくのか、米原でいくのか、こっちと清宮くんだったらこの攻めしかないだろうなというのは考えています。ただ、そのときのこちらの調子、清宮くんの調子というのもすごく大きい。今の段階でこう攻めますというのは言えないですが、去年と同じということはないです。

 ――情報収集にも余念がない

 安藤:招待試合で140キロ台の球をレフト前に、という報道を見た。今までの清宮くんだと、そこに打球は飛んでないですよね。それは相手が力のある投手だからなのか、そういうバッティングに切り替えたのか。いずれにしてもあの子に打たれるのは早実の他の選手に打たれるのとは違う。チームもスタンドも勢いに乗りますから。あの子をどう抑えるか、歩かせることも含めて考えています。幸い映像資料は豊富? そうですね(ニヤリ)。

 ――夏連覇の意気込み、とっておきの秘策は

 安藤:連覇の自信は全然ない。まずはそこ(早実戦)まで行けるかどうかというところ。ただ、清宮くんのところまで行ったら早乙女、米原じゃないかもしれませんよ。これはびっくりするかもしれない、こいつだったらもしかしたらという隠し玉がいる。今年も采配には期待してください(笑い)。

【右の剛腕エース・米原はドラフトでも注目】西東京大会優勝候補の一角・八王子学園八王子は、昨夏甲子園のマウンドも経験した左右の二枚看板を揃える。左のエース・早乙女大輝(3年)は、昨夏の西東京大会準々決勝で2年生ながら強打の早実打線を8回まで3失点に抑えた。武器は抜群の制球力と打者によって力を抜く“5割ストレート”。通常のストレートとチェンジアップを織り交ぜ、3段階の速度変化で相手を翻弄する。「相手が合ってるな、と思ったら力を抜く。ゆっくり、打たせますよという球だけど空振りも取れます。チームとしては甲子園1勝が目標。目の前の試合に全力で臨みたい」

 今春から早乙女に代わり「背番号1」を背負うのは右のエース・米原大地(3年)。昨夏から球速を5キロ伸ばし、一気にドラフト候補に躍り出た注目右腕だ。最速147キロのストレートが魅力だがカーブ、スライダー、カット、フォーク、チェンジアップ、シュートと7つの球種を持ち合わせ、本人はあくまで変化球投手を自任する。「変化球を生かすためのストレートと思っています。スライダーが決め球ですが、春季大会であえてそのスライダーを封印したことで、全部の球種が実戦で使えるレベルまで上がった。去年から球速は伸びましたが、ストレートだけじゃなく、全体のスピードが増している」

 早実戦で登板するのは早乙女か米原か、はたまた安藤監督の言う“隠し玉”なのか。いずれも最後の夏を迎えた怪物の脅威となりそうだ。

最終更新:7/6(木) 11:06
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報