ここから本文です

アマゾンがアパレルに進出 何かが変わるかもしれない

7/6(木) 7:10配信

ITmedia ビジネスオンライン

 Amazon.com(アマゾン)は6月20日、アパレル分野での新サービス「Prime Wardrobe(プライムワードローブ)」を発表した。プライムワードローブはアマゾンの有料会員であるプライム会員が対象で、購入前の服を自宅で試着できるというもの。

【「Echo Look(エコー・ルック)」】

 ファッションカテゴリーにある商品の中から3点以上を選択すると、専用ボックスで商品が送られてくる。利用者は自由に試着し、気に入らなかったものは同じボックスに入れて返送できる。返送料は無料で、気に入った商品はそのまま購入することも可能だ。

 3点以上を購入すれば価格は10%割引に、5点以上を購入すれば20%割引になる。購入した商品以外には一切お金がかからないので、有料会員は気軽に利用することが可能だ。試着できる期間は1週間。

 無料で試着・返品ができるサービスは世の中に既に存在しているが、圧倒的な規模を持つアマゾンがこのサービスに乗り出した意味は大きい。アマゾンがアパレル分野に参入した本当の狙いは、これまで人が担っていたアパレル業務のAI化にある。

 実はアマゾンは同じタイミングで、あるAIツールをリリースしている。それは会話型AIスピーカー「Amazon Echo(アマゾンエコー)」の機能拡張版「Echo Look(エコールック)」である。

 エコーは話しかけるだけで買い物をしたり、必要な情報を入手できるAI端末で、英語圏では既に2500万人以上の利用者がいる。会話側AI市場におけるエコーのシェアは75%で、今のところアマゾンの独壇場だ。

 エコールックは、そのエコーの機能に加え、全身写真を撮影する新しい機能を搭載した。カメラやフラッシュなどが内蔵されており「写真を撮って」と話しかけると、全身写真を自動で撮影してくれる。背景は自動で処理されるので、多少散らかった部屋でもきれいな全身像を撮影することが可能だ。価格は199.99ドルで、2017年5月から順次出荷を開始している。

●洋服の買い方が一変する?

 SNSに全身写真をアップしたいと考える人は多いが、全身写真を自撮りするのは意外と難しい。エコールックでは、撮影した写真が自動的にクラウド上に保存されてしまうので、プライバシーについて懸念する声もあるが、全身写真を美しく撮れるという魅力は大きい。

 専用アプリを使うと、自身のファッションチェックをすることもできる。2種類の写真をアップすると、色やデザインをシステムが解析し、どちらがよいのかアドバイスしてくれる。着る服に迷ったときにはありがたいサービスかもしれない。

 エコールックとプライムワードローブは、当然のことながらセットで考えるべきものだ。両者が普及すれば、エコールックを使って最適なファッションをAIに提案してもらい、該当する商品をプライムワードローブ経由で購入するという一連の流れが成立することになる。

 洋服を返品する理由としてもっとも多いのは、サイズが合わないことだといわれる。エコールックには、大量の全身写真のデータ蓄積されているので、使えば使うほど、サイズが合わずに返品するという確率も減ってくるだろう。

 もし一連のサービスが本格的に普及した場合、洋服の買い方が一変する可能性が出てくる。季節の変わり目ごとに、どんな洋服が必要なのかを考え、個別商品ごとにお店を回って探すというのがこれまでの一般的な買い方だった。しかしAIがコーディネーター役となり、自動的に似合う洋服が送られてきて、必要なものだけ返品すればよいということであれば、一定数の人がこうしたサービスにお任せしてしまう可能性は高い。

●ショップにとっては脅威になる

 アパレル業界では、一定金額を支払うと、自分に似合いそうな服が送られてきて、それをレンタルできる新サービスが拡大している。今のところ、過去のレンタル履歴などからスタイリストが洋服をチョイスするという人海戦術が中心だが、こうした作業はかなりの部分をAI化できる。

 プライムワードローブは、都度、商品を購入するシステムだが、このサービスは月額固定料金制との親和性が高い。毎月、あるいは季節ごとに洋服のパッケージが送られてくるサービスがスタートするのは時間の問題だろう。

 そうなってくると、洋服を購入する行為とレンタルする行為の垣根は限りなく低くなってくる。最終的には新品、何度か返品された新古品、中古品という3つの商品が1つの事業者の中で循環する一種のエコシステムが完成する。

 利用者の購入形態が変わっても、洋服を作る機能は必要なので、メーカーという業態は維持されることになるが、ショップ(小売店)は大きな戦略転換を余儀なくされるかもしれない。


(加谷珪一)