ここから本文です

(社説)ビラ配布解禁―地方議員も政策競おう

7/6(木) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 東京都議選の選挙運動で、候補者は自分の公約を記した政策ビラを配れなかった。
 政党などのビラなら配布できるが、候補者名の入ったものは認められない。告示前には政治活動として顔写真入りのビラを配る事例も目立ったが、告示後は許されない。
 まるで政策に背を向けたようなルールは、2019年3月から改善される。都道府県議選と市区議選で候補者の政策ビラを公費でつくり、配れるようにする。そのための公職選挙法の改正が先の国会に議員提案され、全会一致で成立した。
 都道府県議選では候補者1人につき1万6千枚、政令指定市議選は8千枚、その他の市議と東京23区議選では4千枚を配れるようになる。……本文:1,791文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社