ここから本文です

『ナムコミュージアム』Nintendo Switch版に収録される全11タイトルを紹介

7/6(木) 11:03配信

ファミ通.com

●ゲームモードも公開
 バンダイナムコエンターテインメントより、2017年夏に配信予定のNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)ダウンロードソフト『ナムコミュージアム』。本作には、アーケードゲームを代表する数々の作品の中から選りすぐりの名作に、『パックマン vs.』を加えた全11タイトルが収録される。ここでは、収録タイトルとゲームモードを紹介しよう。


■パックマン/アーケード版(1980年)
パックマンを操ってゴーストから逃げながら、画面内のクッキーをすべて食べるアクションゲーム。ゴーストたちに捕まると左下のパックマンをひとり失い、すべて失うとゲームオーバー。パックマンが“パワークッキー”を食べると、ゴーストたちは“イジケ状態”になって逃げ出す。追いかけて食べてしまおう!

■ギャラガ/アーケード版(1981年)
自機であるファイターを左右に動かし、ミサイルを発射して敵のギャラガを撃破するシューティングゲーム。緑色のボスギャラガは、ファイターを捕まえる“トラクタービーム”を放つことがある。また、捕虜にしたボスギャラガを攻撃中に倒すと、ファイターどうしが合体し、デュアルファイターに変化する。

■ディグタグ/アーケード版(1982年)
主人公のディグダグを操作し、モリを発射したり、岩を落下させて、敵モンスターを倒していくアクションゲーム。モリをモンスターに刺して攻撃するとどんどん膨張し、さらに攻撃を続ければモンスターがパンク!すべてのモンスターをパンクさせてやっつけよう。

■ドルアーガの塔/アーケード版(1984年)
主人公のギルを操作し、剣で敵を倒しながらフロアを上がっていくアクションロールプレイングゲーム。塔のボスであるドルアーガを倒して、最上階に囚われているカイの救出を目指そう。各フロアには宝箱が隠されており、フロアごとにある特定の条件を満たすことで出現する。ドルアーガを倒すには、宝箱の回収は必要不可欠だ。

■スカイキッド/アーケード版(1985年)/ふたり同時プレイ可
自機であるバロンとマックスを操作して、射撃で敵を倒したり、宙返りで避けつつ、基地に帰り着くのが目的のシューティングゲーム。 ミッションの途中に置いてある爆弾を獲得し、ミッション後半に現れる巨大ボスに落として倒そう。

■ローリングサンダー/アーケード版(1986年)
主人公のアルバトロスを操り、ショットで敵を倒しながらステージを進むアクションゲーム。ボスであるマブーを倒して、囚われのレイラを救出しよう。ステージの途中、弾丸の補充や強力なマシンガンを入手できる部屋がある。忘れずに手に入れよう。

■ギャラガ’88/アーケード版(1987年)
ギャラガを撃破しながらステージを進み、敵本星であるプラネット・ギャラガに棲むクィーン・ギャラガを倒すシューティングゲーム。特定の隕石や敵を倒すと、“ディメンションワープカプセル”が出現することがある。ディメンションが進むほど真のボスが棲むプラネット・ギャラガへ近づけるが、難度は上がる。

■スプラッターハウス/アーケード版(1988年)
主人公リック・テイラーを操作し、ウエスト館(別名、スプラッターハウス)に棲む敵を倒しつつ、囚われている恋人ジェニファーを救出するホラー・アクションゲーム。館内に落ちている武器を駆使してステージを突き進め。

■タンクフォース/アーケード版(1991年)/ふたり同時プレイ可
マイタンク(自機)を操り、司令部に迫り来る敵を撃破して守るアクションゲーム。敵の攻撃を受けるとマイタンクを失い、マイタンクをすべて失ったり、司令部を破壊されると、ゲームオーバーとなる。

■ローリングサンダー2/アーケード版(1991年)/ふたり同時プレイ可
『ローリングサンダー』の続編。前作で壊滅したはずの悪の組織“ゲルドラ”が、“ネオ・ゲルドラ”として復活。その野望を再び食い止めるのが目的のアクションゲーム。ふたりプレイ同時プレイ時は、レイラを1プレイヤー、前作の主人公であるアルバトロスを2プレイヤーが操ることになる。

■パックマンvs./ニンテンドーゲームキューブ&ゲームボーイアドバンス版(2003年)/最大4人同時プレイ可
パックマン側とゴースト側に分かれて、鬼ごっこする対戦アクションゲーム。ゴーストチームは、パックマンをつねに捕まえることができるが、相手が“パワークッキー”を使うとイジケゴーストに。パックマンに追いかけられる側になるので注意。捕まったパックマン側のプレイヤーは、捕まえたゴースト側のプレイヤーと役割を交代できる。交代をくり返しながら、誰かが目標スコアに到達するか、制限時間が来るまで勝負は続く。ほかのプレイヤーのスコアに気をつけながら、勝利を目指そう!本作では、 Nintendo Switch1台で遊べるモードを追加。全員がゴーストになって、ときに協力しつつ、ときに出し抜きつつ、スコアを争うというゲームになっている。

※1台のNintendo Switchで1人~3人(ゴースト役のみ)で遊べます。
※多人数でプレイする場合はコントローラが人数分必要です。
※Nintendo Switchが2台あれば、ローカル通信でパックマン側(1人)・ゴースト側(1人~3人)に分かれて遊ぶことができます。片方のNintendo Switchにニンテンドーeショップで無料配信予定の専用ソフト『パックマンvs. 持っている人と対戦版』をダウンロードしてお楽しみください。

<ゲームのおもしろいところだけを切り出し!チャレンジモード>
収録タイトルそれぞれにチャレンジモードが搭載されており、ゲームのハイライト部分を思う存分プレイできる。
※『パックマンvs.』は非対応です。

<縦横画面どちらでも!ゲームやスタイルに合わせて!>
Nintendo Switchのプレイ画面は縦にも横にも変更可能。自分好みのスタイルでプレイすることができる。
※『パックマンvs.』は非対応です。

<世界中を相手に腕を競え!ランキング機能>
各タイトルのハイスコアをオンラインランキングで競い合おう。
※『パックマンvs.』は非対応です。

ナムコミュージアム
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
対応機種:Nintendo Switch
発売日:2017年夏配信予定
価格:2778円[税抜](3000円[税込]) 
ジャンル:バラエティー

最終更新:7/6(木) 11:03
ファミ通.com