ここから本文です

倍賞千恵子の特集上映に銀幕デビュー作など17本、「映画人生振り返ってみたい」

7/6(木) 7:00配信

映画ナタリー

特集上映「女優 倍賞千恵子」が、9月2日より東京・神保町シアターにて開催される。

これは倍賞千恵子の出演作17本を集めたもの。20歳の倍賞がスクリーンデビューを果たした「斑女」、大胆な衣装でダンサー役を務めた「踊りたい夜」、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝いた「遥かなる山の呼び声」などがそろう。倍賞自身によって「酔っぱらい天国」「雲がちぎれる時」「あいつばかりが何故もてる」もセレクトされた。また本特集上映のポスターには、篠田正浩監督作「私たちの結婚」のビジュアルが使用されている。

【写真】「斑女」(c)1961 松竹株式会社(他17枚)

特集上映の開催にあたり、倍賞からコメントが到着。「私も皆さんと一緒に、自分の映画人生振り返ってみたいと思っています。是非ご来場くださいませ」とメッセージを寄せた。

「女優 倍賞千恵子」は、神奈川・横浜シネマリン、大阪のシネ・ヌーヴォ、愛知・シネマスコーレでも順次開催。なお7月15日には、書籍「倍賞千恵子の現場」も発売される。

倍賞千恵子 コメント
私のデビュー当時からの作品170本の中から17本が、この映画を愛する人達の為の映画館、神保町シアターで上映される事、大変光栄に思っております。私も皆さんと一緒に、自分の映画人生振り返ってみたいと思っています。是非ご来場くださいませ。

特集上映「女優 倍賞千恵子」
2017年9月2日(土)~東京都 神保町シアター
<上映作品>
「斑女」
「水溜り」
「酔っぱらい天国」
「雲がちぎれる時」
「あいつばかりが何故もてる」
「私たちの結婚」
「踊りたい夜」
「下町の太陽」
「二十一歳の父」
「霧の旗(1965年版)」
「横堀川」
「愛の讃歌」
「喜劇 逆転旅行」
「男はつらいよ」
「遥かなる山の呼び声」
「離婚しない女」
「小さいおうち」

最終更新:7/6(木) 10:56
映画ナタリー