ここから本文です

松居一代が衝撃の生告白「夫・船越英一郎の裏切り」「バイアグラ不倫」

7/6(木) 11:00配信

東スポWeb

 先週から暴露的な記述で物議を醸しているタレント・松居一代(60)のブログ騒動が、ついに最も動向の注目される人物を直撃した。松居は5日未明、夫の俳優・船越英一郎(56)に関する告白動画を「船越英一郎の裏の顔」と題して配信。船越が自分の情報を女性誌に流し、重度の糖尿病による男性機能の低下で夫婦の営みがなくなったものの、バイアグラを使用して不倫にいそしんでいると「衝撃の生告白」を放った。

「船越英一郎はバイアグラ100ミリを飲み続けて(他の女性と)セックスし続けている。そして自分が被害者のような顔をして、私を悪者にして離婚しようとしている。私の財産を奪い取ろうとしている。それは、船越のノートに書いてあったんです…」

 画面には黒系の服を着た松居の上半身。化粧はしていない。動画投稿サイト・ユーチューブを通じて公開された松居の告白はよどみなく、怒りを抑えた調子だが思い詰めた表情で約23分にわたって収録されている。

 かねて別居や離婚説が伝えられていた松居・船越夫妻。松居は6月27日付のブログで、「4月21日の夜から旅立つ準備をして」いたが、翌22日早朝に「サスペンスより恐ろしく怖い怖い真実をあたしは知ってしまった だからあたしは死んでる場合じゃ…無くなって」と自殺を思いとどまったことを示唆していたが、当時は示さなかったその詳細が今回の動画で語られた。

 自殺まで考えた理由は船越の“裏切り”だったという。松居は動画の中で書面を示し、船越が糖尿病を患っていることが2008年に分かったと主張。病気は悪くなり、勃起不全に。松居は「彼を本当に愛していた。夫婦生活がなくったって、手をつないで寝ているだけで幸せでした」と感じていたが、やがて船越が15年春から多量のバイアグラを使用して浮気をしていることを知り、驚がくした。

 船越は仕事先のハワイでバイアグラ・セックスにいそしみ、日本に戻ってきて松居と同じ家で寝た際に心臓を押さえて苦しみ、大量の汗をかいたことがあった。これはバイアグラの副作用だと直感。糖尿病の治療を松居が勧めても拒む一方、薬を使ってまで他の女性とセックスする夫に絶望した松居は、前出のように今年4月、夫のマンションで死のうと決意したのだという。

 ところが、訪れた船越のマンションでノートを発見。「このノートの中に、私がおかしいと思っていたことがすべて書いてありました。私の財産を女と一緒に奪い取ろうと書いていた」。動画で松居は2冊のノートを掲げ、ハワイ在住の女性の来日記録が書かれていることや、船越のものとするパスポートも見せ、本人がひんぱんにハワイに行っていることを暴露した。この女性は家族ぐるみで交際する松居にとっての親友で、船越との仲はハワイでは「知らない人はいないそうです」と話している。

 松居は特定の女性誌を何冊か手にして、そこに自分が“はいかい”したことのほか、外車の購入情報が写真入りで掲載されたと不信感も述べた。特に後者は船越しか知らないことだった。船越が被害者を装って離婚を進めるために、松居に関するマイナス情報をリークしてきたとの疑念を強めた。

「私と非常に仲のいい女友達と、バイアグラを使ってセックスする仲になっていた。信じられませんでした」

 松居は「話していることはすべて真実。命がけで話しています。うそは絶対につきません」。週刊文春にも持ち込んだが「信じられないことが起こった」ため、ネット告白しか方法はなかったという。最後に、昨年11月に撮影されたとする動画で、浮気はしていないと誓う船越の姿が撮影されている。

 告白の信ぴょう性はもとより、パスポートの中身や“病歴”など個人情報の暴露など問題含みの動画だが、今春からNHK昼の情報番組「ごごナマ」の司会を務める船越に、爆弾が飛んできたことは間違いない。

最終更新:7/6(木) 11:00
東スポWeb