ここから本文です

(時時刻刻)米、次の一手は難題 北朝鮮ミサイル、ICBMと認定

7/6(木) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 北朝鮮の発射した「火星(ファソン)14」が大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったと、米政府が認めた。米本土への攻撃能力につながるICBM発射を「重大な挑発」としてきたトランプ政権。次の一手の対応を迫られるが、制裁圧力を強めようにも中国からの協力も十分に得られず、軍事攻撃も現実的には難しい。手詰まり感も漂っている。▼総合4面=日本「世界に訴え」

 ■軍事圧力「効果は限定的」の見方
 「脅威が新たな段階に入った」。米国が独立記念日の祝賀ムードに包まれていた4日夕、ティラーソン国務長官は「米国は北朝鮮のICBM発射を強く非難する」との声明を発表した。……本文:4,348文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社