ここから本文です

【速報】ポドルスキが神戸加入会見!日本語で挨拶「コンニチハ、ヨロシク!」

7/6(木) 12:19配信

GOAL

ヴィッセル神戸は6日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの入団会見を行った。ポドルスキは冒頭、日本語で「こんにちは、ポドルスキです。よろしく」と挨拶を述べた。

会見前にはポドルスキのここまで活躍を振り返る映像が流され、同選手が白いシャツに黒いジャケット姿で登場すると、会場は大きな拍手で包まれた。

ポドルスキはヴィッセル神戸を移籍先に選んだ理由について質問が及ぶと、家族会議により決定したことを明かし、三木谷浩史オーナーの熱意が決断を下す後押しになったと説明。

「家族会議をして、こちらに来ることを決めた。もちろん11月に三木谷会長からの熱烈なオファーをいただきましたし、それも大きな理由の1つ。神戸がどういうところかもインターネット通じていろいろ調べまして、大変気に入りましたので、こちらに来ることを決心しました」

さらに、神戸空港でのファンの熱烈な歓迎ぶりについては「子どもたちもたくさん来てくれたので嬉しかったです。これから2年半いることになるが、サッカーだけでなく、日本の文化についても学んでいければと思います」と語った。

ポドルスキはポーランド出身の32歳。ブンデスリーガのケルンやバイエルン・ミュンヘンで活躍後、アーセナル(イングランド)やインテル(イタリア)でプレー。2015年からはガラタサライ(トルコ)に所属していた。2017年3月、神戸はトルコリーグ終了後にポドルスキが加入すると発表。2017年6月にトルコリーグが終了したことを受け、来日を果たした。

ドイツ代表としては、130試合に出場して49得点を記録。2017年3月に行われたイングランド代表戦を最後に代表を引退したが、この試合で決勝ゴールを挙げる活躍を見せる。このゴールに、神戸の三木谷浩史オーナーはツイッターで、加入が決まっていたポドルスキを祝福するメッセ―ジを送っていた。

なお、Jリーグの第2登録期間は7月21日~8月18日となっているため、ポドルスキの最短デビューは7月29日にホームで行われるJ1第19節の大宮戦となる見込みだ。

GOAL

最終更新:7/6(木) 12:19
GOAL