ここから本文です

使わないともったいない!kintoneカスタマイズ開発入門者必見のコミュニティサイト

7/6(木) 10:30配信

アスキー

サイボウズ製品のデベロッパー向けけコミュニティサイト「cybozu developer network」の活用術を紹介する。
 サイボウズ製品のデベロッパー向けコミュニティサイト「cybozu developer network」をご存知だろうか。これからkintoneでカスタマイズ開発を始めてみたいと考えている入門者に向けた情報が集まっているだけでなく、メンバーに登録すると様々な特典がある、魅力的なサイトだ。
 
200以上のTipsで使用例からカスタマイズ開発を身に着ける
 cybozu developer networkには、kintoneのカスタマイズ開発のためのJavaScript APIやREST APIのドキュメントのほか、仕様情報がリクエストサンプルコードとともに掲載されている。
 
 JavaScript APIやREST APIは、ドキュメントがあっても初めてカスタマイズ開発に挑戦する入門者にとっては少々とっつきにくいもの。cybozu developer networkには、これらのAPIの具体的な使用例や入門者がつまずきやすいポイントを、200以上のTipsで紹介している。
 

 Tipsは、サイボウズ社員や全国のkintoneエバンジェリストたちの手によって日々拡充されている。5月23日には、カスタマイズに必要なJavaScriptを学べるコンテンツ「はじめようJavaScript」も公開された。
 
 また、cybozu developer networkには、Zipファイルを適用するだけで高度なカスタマイズを実装できるkintoneプラグイン、手順をそのままなぞってサンプルコードをコピーするだけで使えるTipsなど、ノンコーディングでそのまま使えるサンプルもたくさん掲載されている。
 
cybozu developer networkのメンバー特典
 これからkintoneのカスタマイズ開発をはじめようという人、カスタマイズしたkintoneの社内検証をはじめようというチームは、ぜひ、cybozu developer networkにメンバー登録しよう。
 
 メンバー登録をすると、APIカスタマイズやプラグイン、Webhookなどのデベロッパー向けのフル機能を利用できるkintoneの「開発者向けライセンス」が、5ユーザーまで1年間無償で申し込める。
 
 また、コミュニティに参加して有識者に質問できるのもメンバー限定の特典だ。コミュニケーション、チームワーク創出企業であるサイボウズのkintoneだけあり、そのデベロッパーコミュニティはとても活発。kintoneの開発や運用に関する疑問はもちろん、JavaScriptについての質問もよく飛び交うそうだ。
 
 5月30日には、メンバーが投稿したTips未満の小ネタをオープンに集める「ナレッジノート」ができた。“かゆいところに手が届く”開発のプチ情報がここに集まるそうだ。
 
 そのほか、APIのアップデート情報の通知を、更新の4週間前に先行して受け取ることができる特典や、Tipsやサンプルの動きを確認できるデモサイトを利用できる特典などが用意されている。使わないのはもったいない、cybozu developer networkをぜひ活用しよう。
 
 
文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

最終更新:7/14(金) 14:27
アスキー