ここから本文です

パナソニック、頑丈設計のデタッチャブルPC「TOUGHBOOK CF-33」

7/6(木) 15:10配信

BCN

 パナソニック(津賀一宏社長)は7月5日、過酷な現場でも使用可能な頑丈フィールドモバイルとして「TOUGHBOOK CF-33シリーズ」を9月下旬に、国内法人向けに発売すると発表した。価格はオープン。タフブック・タフパッドシリーズ全体で、5万台の生産を予定している。

 CF-33は、タフブックシリーズのハイエンドモデルで、タブレットとしても使用可能な12.0型デタッチャブル(着脱式)PCとして、頑丈さと軽量薄型化を両立。これまでPCとタブレットの2台持ちをしていた用途が、1台で可能となった。過酷な環境下で長時間動作が求められる災害現場や効率化が求められる物流業界などで、現場での活用用途を広げ、業務革新をサポートする。

 屋外でも見やすい約1200cd/m2の高輝度液晶を搭載。静電容量式ながら、手袋装着時/水滴付着時にもタッチ操作が可能となっている。タブレット部にバッテリパックを2本搭載しており、ホットスワップ対応で約12.5時間の長時間駆動を実現。オプションコンフィグサービスの大容量バッテリ搭載時は最大約25時間となる。各種インターフェースをタブレット部・キーボード部に内蔵している。

 なお、同社神戸工場で、現場で役立つ各種機能を本体に内蔵する「本体一体型アタッチメント オプションコンフィグサービス」も用意。現場のさまざまな要望に対しては、カスタマイズで対応する。

最終更新:7/6(木) 15:10
BCN