ここから本文です

ヴィッセル神戸入団のポドルスキ、意気込みに一言「今から神戸牛を食べに行きます」

7/6(木) 12:39配信

GOAL

ヴィッセル神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが6日、神戸市内のホテルで行われた記者会見に出席した。

バイエルン・ミュンヘン、アーセナル、インテルなどのビッグクラブでプレーしてきたスター、ポドルスキに対してヴィッセル神戸は“超VIP待遇”を行った。6日朝に関西空港へと降り立った同選手をチャーター機で迎えると、神戸空港ではレッドカーペットを敷いてお出迎え。多くのファンも待ち構えて、スターの来日を喜んだ。

これについてポドルスキは会見で「大変沢山の人に迎えていただき、誇りに思います。日本は空港も清潔だし、きれいだし、たいへん良い気分で到着しました。沢山の人、特に子どもたちがたくさんいたのは嬉しかったです。これから2年半、いることになりますが、サッカーだけでなく、日本の文化についても学んでいければと思います」と話す

また、日本での生活について楽しみにしていることについては「着いたばかりでわからないけれど」と前置きしながら、「神戸牛を食べること」を挙げた。

自身が加入したインパクトについては僕が答えるのという表情を浮かべながらも、「Jリーグがアジアで一番強いグループだとは知っている。これからチームと一緒に、盛り立てていこうと決意しています」と、日本のサッカー全体を盛り上げていくことを約束した。

最後に意気込みについては、サッカーのことではなく、「今から神戸牛を食べに行きます」と一言。会場にいる人々の笑いを誘い、会見は終了した。

なお、Jリーグの第2登録期間は7月21日~8月18日となっているため、ポドルスキの最短デビューは7月29日にホームで行われるJ1第19節の大宮戦となる見込みだ。

GOAL

最終更新:7/6(木) 12:39
GOAL