ここから本文です

【七夕ディズニー】いよいよ七夕本番!東京ディズニーリゾートで満喫する七夕イベント完全ガイド!<両パーク編>

7/6(木) 14:15配信

cinemacafe.net

いよいよ七夕当日が近づくなか、現在東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、日本の伝統的な行事である“七夕”をテーマとしたスペシャルプログラム「ディズニー七夕デイズ」を開催中。パークに行くと、ミッキーマウスとミニーマウスが彦星と織姫をイメージしたデザインのコスチュームで登場することくらいはわかっていても、細かい情報までは…という初心者向けに、「ディズニー七夕デイズ」完全ガイドをお届け。

【写真】「七夕グリーティング」を観てみよう!

■ 毎年恒例の「七夕グリーティング」 最前列での鑑賞もおすすめ!

東京ディズニーランドの「ディズニー七夕デイズ」のメインイベントとして、パレードルートではミッキーとミニーが彦星と織姫をイメージした新しいデザインのコスチュームで人力車に乗って登場する、「七夕グリーティング」を公演中。ディズニーの仲間たちが七夕の飾りを手に持って、七夕でおなじみの曲に合わせてグリーティングをするもので、毎年恒例の人気プログラム。1日2回公演。最前列で鑑賞すると、キャラクターの距離が近い!


■ 人気のアトモスが、期間限定の七夕バージョンに!

パークで人気のアトモスフィア・エンターテイメントのうち、「オーパス・ファイブ 」、「ウェルカムフラワーバンド」、「ジップンズーム・ガイドツアー」が、期間限定の七夕バージョンで公演中。日本の伝統を採用したプログラム内容は、通常版とは一味違う感動が!


■ 夢や願いごとを託す“ウィッシングプレイス” 今年は“光の演出”も!

同じく七夕イベントではおなじみ、ワールドバザールの中央にはミッキーとミニーのレリーフを中心に、吹き流しや笹をデコレーションした“ウィッシングプレイス”が登場中。浴衣姿のキャストが配布している“ウィッシングカード”(=短冊)に、思い思いの夢や願いごとを書いて“ウィッシングプレイス”に結びつけよう。今年は新たに光の演出も加わって、日没後の夜には超絶ロマンティックなムードに。七夕気分がグッ! と盛り上がる。


■ “笹”や“竹”をモチーフにした、イベント連動グッズが30種類!

このスペシャルイベントと連動した、彦星ミッキー&織姫ミニーのぬいぐるみや、ぬいぐるみバッジなどのスペシャルグッズも。暗やみで光るフェイスタオル、この時期ならではの“笹”や“竹”をモチーフにしたティッシュボックスカバーなど約30種類が登場した。



■ 七夕にぴったり! 清涼感あふれるスペシャルデザートが2種登場

スペシャルメニューでは、「スペースプレース・フードポート」の「クリーム・シェイブアイス(ピーチゼリー)」(各¥500)、「ラケッティーのラクーンサルーン」の「クリーム・シェイブアイス(ブルーゼリー)」(各¥500)が登場。どちらも甘いけれど、清涼感あふれるスペシャルデザートで、七夕のイメージにぴったり! 期間中に一度は食べたいメニュー。


■ シーでも「七夕グリーティング」 船が登場するハーバーショー!

一方、東京ディズニーシーの「ディズニー七夕デイズ」でも、「七夕グリーティング」を公演。ここではミッキー&ミニー、ディズニーの仲間たちが船に乗ってやって来るハーバーショーで、七夕のおなじみの曲に乗せてごあいさつ。基本的に、どの場所でも楽しめる。


■ “ウィッシングプレイス”が桟橋に 夜のライトアップにうっとり

おなじみ“ウィッシングプレイス”が、今年もアメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアにある桟橋に登場。浴衣姿のキャストが配布する“ウィッシングカード”に夢や願いごとを書いて、笹などの飾りとともに結ぼう。夜のライトアップが最高にきれいだ。


■ 2種類のビアカクテルで、大人な七夕を~

スペシャルメニューでは、「ノーチラスギャレー」にて「ビアカクテル(ブラッドオレンジ&ピンクグレープフルーツ)」(¥680)、「バーナクル・ビルズ」にて「ビアカクテル(洋梨風味)」(¥680)を提供中。実に東京ディズニーシーらしい良セレクトで、ぜひお試しあれ!


※上記のメニューやグッズは、デザイン・価格の変更や、品切れとなる場合がございます。

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney

最終更新:7/6(木) 14:15
cinemacafe.net