ここから本文です

ダル 日米ワースト5回途中7失点で7敗目

7/6(木) 11:30配信

東スポWeb

 レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)は4日(日本時間5日)に本拠地でのレッドソックス戦に先発し、今季最短の4回1/3、ともに日米通じてワーストの11安打7失点で7敗目(6勝)を喫した。中堅手が目測を誤って二塁打にし、打ち取った当たりが内野手の間を抜けたり、外野手の手前に落ちるなどと不運が重なったとはいえ、速球が制球を欠き、カーブの曲がりが甘かった。地元テキサスのメディアはダルビッシュKOに落胆していた。

 ダラス・モーニング・ニューズ紙(電子版)は「ダルビッシュがマウンドに上がってレンジャーズはまた負けた」とバッサリ。「オールスター右腕は変化球が効果的でなかった」と指摘し、「最近8回の登板でほかにも勝てる内容の投球をしていたが、今回はそうではなかった」と結んだ。

 フォートワース・スター・テレグラム紙(電子版)は「レッドソックスがダルビッシュを痛い目に遭わせた。今夜のパフォーマンスは彼の経歴で最悪の一つだった」。レンジャーズ公式サイトは「速球の制球難がダルビッシュを悩ませた」と敗因を説明し、「彼にとっては早く忘れたい登板だったことだろう」とした。

最終更新:7/6(木) 11:47
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 17:45