ここから本文です

炎上影響か 大島優子の海外留学は芸能人の“逃げパターン”

7/6(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 6月のAKB選抜総選挙で結婚宣言をした須藤凜々花(20)を「FUCK」と批判して、大炎上した大島優子(28)が芸能活動を一時休止し、海外へ渡航することがわかった。

 2日に行ったファンミーティングで大島は海外行きを示唆、ファンからも拍手が送られたという。所属事務所は、「以前から本人には海外へ行きたいという夢があり、30歳を迎える前のタイミングで行かせていただくことになった」とコメント。渡航先、期間は未定、7月いっぱいまではイベントの予定があり、渡航は8月以降とみられている。しかし、仕事が入れば早くに戻ってくるかもしれないと、何ともあいまい。

■りりぽん批判をネタにすれば良かった

 それゆえ、突然の渡航発表のウラで囁かれているのは炎上事件による海外逃亡説である。須藤の結婚宣言に対し「結婚発表ね。何考えているのかしら? なんでもありなの? この帽子が、きっと、私のすべての言葉だと思うの」と「FUCK」と書かれたキャップをかぶった自撮り写真を掲載。その翌日、須藤は「DAMN(=ちっきしょう!)」と描かれたTシャツで登場。ネット上では女子高のいじめみたいと大島への批判が相次いだ。芸能評論家の肥留間正明氏がこういう。

「大島が責めるべきは須藤でなく、AKBの運営側でしょう。そもそも恋愛禁止なんて建前上のこと。あのタイミングで卒業生として『応援したい』と達観した意見を言えば共感されたはず。理由があいまいすぎる海外渡航は成宮寛貴にみられる一種の逃げパターン。大島は海外に行くくらいなら、須藤とのバトルを“ネタ”にしてしまえばいいんです。これはまた別の見方ですが、昔から女性タレントの場合、妊娠・出産するために海外に行くというのが定番。その可能性もあり得ますがね」

 ドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)など、演技力では評価の高い大島。小娘に動じずドンと構えていればよかったのに。