ここから本文です

[新製品]モビリティ性能の高い堅牢PC、タフブックの新製品

7/6(木) 16:34配信

BCN

[新製品]モビリティ性能の高い堅牢PC、タフブックの新製品

氷の中から復活したCF-33

 パナソニックは7月5日、東京・秋葉原で会見を開き、持ち歩きしやすいタブレットにもなる12.0型頑丈着脱式PC「TOUGHBOOK(タフブック) CF-33」を、9月下旬に法人向けに発売すると発表した。

 会見で登壇したパナソニック専務執行役員コネクティッドソリューションズ社の樋口泰行社長は「PC市場が伸び悩むなか、当社はニッチな市場を狙い、需要を捉えている。さらにユーザーを増やすためにも、実際に堅牢PCを利用する方の立場に立って、製品開発を続けていきたい」と述べた。

 CF-33は、工事現場や工場など、注意していてもPCが損傷しそうな場所で活躍する堅牢なノートPC。耐衝撃や防滴・防塵性能が高く、貨物集積所や在庫倉庫といった流通現場でも安心して使える。

 例えば倉庫では、従来モデルCF-31の振動や衝撃への強さを生かし、振動の多いフォークリフトに搭載して利用していた。画面が大きくなり、取り外してタブレットとしても使えるCF-33は、さらに使いやすくなっている。

 主な特徴としては、120cm落下試験実施、IP65準拠防塵防滴性能、耐振動MIL-STD-810G準拠の頑丈な設計。また、バーコードリーダやシリアルコネクタ、ワイヤレスWAN、リアカメラ(8M)など、拡張性が高い。さらに、約1200cd/?の高輝度液晶で晴天の野外でも使えるほか、手袋着用時や水滴付着時でもタッチ操作が可能な点が挙げられる。

 サイズは、高さ約46.1×奥行き288.4×幅313.0mm。重さは約2.76kgで、タブレット部は質量約1.53kg。駆動時間はキーボード部装着時で約12.5時間。OSにはWindows 10 Pro搭載。CPUはインテル Core i5-7300U vProプロセッサで、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSD。価格はオープンだが、パナソニックオンラインストアでの販売価格は税別43万4200円。

●氷の中からCF-33

 発表会ではアルピニストの野口健さんが登場し、凍ったCF-33を起動するデモンストレーションに立ち会った。氷に覆われたCF-33の電源を入れ、金槌で氷を砕いていくと、3分の2ほどの氷がはがれたところで、無事にOSが起動した。

 野口さんはデモを見ながら「氷に覆われても大丈夫なら、最早、人間より頑丈だと思う。今までは持ってきたPCに気を遣って山に登ってきたが、これからはPCが人間に気を使うようになるかもしれない」と、笑顔でコメントした。

最終更新:7/6(木) 16:34
BCN