ここから本文です

チャニング・テイタム&ジョセフ・ゴードン=レビット、刑事コメディでタッグ

7/6(木) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 新作ミュージカルコメディ「ウィングメン(原題)」で共演するチャニング・テイタムとジョセフ・ゴードン=レビットが、アマゾン・スタジオとA24が制作するユニークな新ドラマ「Comrade Detective(原題)」の声優として、再びコンビを組むことがわかった。

 米ハリウッド・レポーターによれば、テイタムが制作総指揮を務める本作は、映画「ピンチ・シッター」(ジョナ・ヒル主演)の脚本家ブライアン・ゲイトウッド&アレッサンドロ・タナカが執筆した、ルーマニアの刑事ドラマというスタイルをとったアクションコメディ。冷戦真っ只中の1980年代のルーマニアで、政府が制作した人気長寿番組「Comrade Detective」は、ハードで洗練された刑事ドラマとして視聴率を集め、共産主義の理想と愛国心を国民に浸透させていた。ベルリンの壁崩壊後、番組は忘れ去られていたが、デジタルリマスターと英語の吹き替えによりこの不朽の名作が蘇った、という設定のようだ。

 ドラマでは、主人公の刑事グレゴール役&イオセフ役をルーマニア人俳優フローリン・ピエルジク・Jr.&コーネリアス・ウリチが演じ、2人の英語吹き替えをテイタムとゴードン=レビットが務める。そのほかの声優として、キム・ベイシンガー、マハーシャラ・アリ、ボビー・カナベイル、リチャード・ジェンキンス、デブラ・ウィンガー、ジェニー・スレイト、クロエ・セビニー、フレッド・アーミセン、ジェイク・ジョンソンといった豪華キャストが結集する。

 監督は「サタデーナイト・ライブ」のリス・トーマス。アマゾン・プライム・ビデオで8月4日からシーズン1が配信スタートする。

 ちなみに、テイタムとゴードン=レビットの共演が決定している映画「ウィングメン」は、ラスベガスに不時着したパイロット2人組の珍道中を描くミュージカルコメディで、「ドン・ジョン」で初メガホンをとったゴードン=レビットの監督第2作となる。撮影スケジュールは未定。

最終更新:7/6(木) 11:00
映画.com