ここから本文です

野村敏京は全米女子に「良い流れでいけるように」、畑岡奈紗「トップ10目指して頑張りたい」

7/6(木) 17:12配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ソーンベリー・クリークLPGAクラシック 事前情報◇5日◇ソーンベリークリーク(6,624ヤード・パー72)>

話題のセクシークイーンの最新フォトも!女子プロの特選フォトは「写真館」で

米国女子ツアーの新規大会「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」が6日(木)に開幕。この大会には日本勢では野村敏京、上原彩子、横峯さくら、畑岡奈紗の4選手が出場する。

野村はコースの印象を、「広いですし、スコアも結構出やすいかなと思います」とコメント。バーディ合戦の試合展開を予想していた。「来週は大きい大会なので、良い流れでいけるようにプレーします」、次週に開催されるのはメジャーの「全米女子オープン」。そこに向けて弾みをつけることが目標だ。

畑岡は先週のメジャーで無念の予選落ち。「ショットの安定感がもっと必要だなと思いました。あとはメジャーのセッティングになると、必ずしもどんどんピンを狙っていけるわけではないので、そういうところでいかにパーを拾ってカバーしていけるかですね」、これから戦っていく上で何が必要かを学ぶことができたという。

「このコースは自分に合っていると思うので、トップ10目指して頑張りたいです」。現在の賞金ランクは143位、来季のシード権を獲得するためにもそろそろ結果を残したいところだ。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>