ここから本文です

韓国産ノリの輸出好調 前年比49.4%増=日中で需要急増

7/6(木) 10:34配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国海洋水産部は6日、上半期(1~6月)のノリの輸出額が前年同期比49.4%増の2億6893万ドル(約304億円)だったと発表した。上半期としては過去最高。マグロを抑え初めて水産物輸出品目のトップを占めた。

 中国と日本のノリの作況が振るわず韓国産ノリの需要が大きく増加し、ロシア、ベトナムなどでの需要も急増した。同部は、このままの勢いが続けば今年のノリの輸出額は5億ドル達成も可能だと期待している。

 ノリの輸出好調に伴い、上半期の水産物の輸出額は11億2000万ドルで同12.1%増加した。2012年(11億7000万ドル)に次ぐ過去2番目の高水準だった。輸出先の非関税障壁増加などにもかかわらず、ノリを中心とする高付加価値の水産加工品の輸出が同25.7%増加し、水産物全体の輸出額を押し上げた。

 輸出先別では、日本向けが同10.2%増の3億7000万ドルを記録した。円高、過去最大規模のノリの輸出契約締結などが好材料となった。

 中国向けは1億9000万ドルで同12.4%増加した。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備決定後、中国は韓国に対する報復措置を取ったが、水産物は大きな影響を受けなかった。特に、ノリの対中輸出は同62.0%増の5000万ドルで過去最高を記録した。

最終更新:7/6(木) 10:36
聯合ニュース