ここから本文です

島田産てん茶 アイスで登場 市が開発、濃厚な味人気

7/6(木) 8:22配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 島田市はこのほど、市のシティプロモーション「市緑茶化計画」の関連商品として、同市のてん茶工場「KAWANE抹茶」で製造したてん茶によるアイス「GREENTEAソフトクリーム」を開発した。横浜薬科大が監修し、県内外のウエルシア薬局約千店舗で順次販売を始めた。

 緑茶カテキン190ミリグラムを含み、有機抹茶と北海道乳を使用した濃厚な味わいが特徴。同薬局によると、販売開始から1週間足らずで1万個以上を売り上げていて「好調な滑り出し」という。

 9日からはカップの「GREENTEAアイスクリーム」も販売予定。カップアイスは緑茶カテキン230ミリグラムを含み、より濃厚な抹茶の味わいを楽しめるという。コーンが267円(税込み)、カップが289円(同)。

 市などは3月にも緑茶粉末を配合したチョコレートを開発・販売していて、今回のアイスは第2弾。市広報課は「チョコレートは大人向けのビターな味わいだったが、アイスは老若男女が楽しめるのでは。ぜひ食べてみて」と話す。

静岡新聞社