ここから本文です

グアルディオラ監督、総額1億ポンド分の選手をツアーに帯同させない模様

7/6(木) 16:47配信

ISM

 アメリカでのプレシーズンツアーを目前に控えるマンチェスターC(イングランド)。しかしペップ・グアルディオラ監督は、総額1億ポンド分の選手たちを、ツアーには帯同させないようだ。現地時間5日(以下現地時間)、『デイリー・メール』紙の報道をもとに、英タブロイド『ザ・サン』紙(電子版)が伝えている。

 来週から新シーズンに向けたトレーニングを開始するマンC。アメリカでのプレシーズンツアーを予定しており、20日から29日までの間に、プレミアリーグのライバルであるマンチェスターUやトッテナム、レアル・マドリー(スペイン)と対戦する。

 しかしグアルディオラ監督は、このツアーに自身の構想外の選手は帯同させないようだ。

 『デイリー・メール』によると、GKジョー・ハート、DFエリアカン・マンガラ、DFジェイソン・デナイヤー、MFサミル・ナスリ、FWウィルフリード・ボニーは、ツアーに参加しないという。ハートは下部組織出身だが、他の4選手の獲得には、ナスリに2400万ポンド、ボニーに2800万ポンド、デナイヤーに1000万ポンド、マンガラに4000万ポンドをそれぞれ費やしており、総額では1億200万ポンドになるという。

 同紙は、グアルディオラ監督は自身の考える戦術に合致しない選手よりも、下部組織の選手を優先してツアーで試すと伝えている。

最終更新:7/6(木) 16:47
ISM