ここから本文です

小出恵介が明石家さんま役のドラマ再撮影&配信延期へ

7/6(木) 19:18配信

シネマトゥデイ

 吉本興業は6日、未成年者との飲酒および不適切な関係を持ったとして無期限活動停止となった俳優の小出恵介が出演しているNetflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」の再撮影、ならびに配信日延期を正式に発表した。

さんま役小出&ジミー役中尾がそろって登壇【写真】

 明石家さんま企画・プロデュースで、お笑いタレント・ジミー大西の半生に迫る本ドラマは、子供の頃から何をやっても失敗ばかりしていたジミーがさんまと出会ったことで、芸人としての才能を開花させていくさまを、うそのような爆笑エピソードを交えて描き出す。ジミー役を中尾明慶、さんま役を小出が務めていた。

 7月7日から全9話・世界190か国同時配信を予定していたが、小出の無期限活動停止を受けて、吉本は「『コメディドラマ』としてのクリエイティブ上の判断により、明石家さんま役を別キャストで再撮影することを製作チームとして決定いたしました」と書面で発表。さんま役以外は、原則として、同スタッフ・同キャストのまま、必要部分を再撮の上、改めて配信日を設定するという。

 Netflix側も「吉本興業様より再撮影の意向を受け、配信日の変更を決定いたしました。この判断は、クリエイティブ面での判断による再撮影であり、弊社会員のみなさまに全てのコンテンツを楽しんで頂くことを第一に考えるNetflixとしての考えと一致するものであるため、その意向に沿う形での決断となりました」と今回の決定にコメントを出している。(編集部・石神恵美子)

最終更新:7/6(木) 19:18
シネマトゥデイ