ここから本文です

堂本剛『銀魂』高杉役はムチャ振りだらけ!? 小栗旬演じる銀時との重要シーンの裏側も公開

7/6(木) 20:00配信

シネマトゥデイ

 空知英秋による人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)で、原作における人気キャラクター・高杉晋助を演じる堂本剛。10代の頃以来の殺陣や初めて弾く三味線に加え、福田雄一監督からのさまざまなムチャ振りに苦労したという堂本だが、昨年9月にマスコミに公開された小栗旬演じる主人公・坂田銀時と高杉が対峙する重要なシーンの裏では、リラックスした笑顔も見せていた。

【ほか写真】銀さん&高杉の少年時代の姿も…!

 高杉を演じることについて、「僕自身、『そうそう、俺高杉っぽいよね』っていう要素があれば、そこまで考える必要がなかったのかもしれませんが、皆さんご存知の通り、僕は関西弁ですし、クールでキザみたいなものが日常に全くない奈良の人間なので、正直そこの違和感はありました」と正直な思いを吐露した堂本。「その違和感を楽しんでもらえるように工夫するのは大変でした。僕の周りにも『銀魂』ファンは多いので、『銀魂』だからということもありますが、自分が演じる役との距離感やギャップ、違和感みたいなものをプラスの力に変えるためにはどうすればいいのかなという相談は(監督に)しました」と役づくりへの意識を明かす。

 この日行われたのは、主人公の侍・銀時と、かつての盟友であり現在は攘夷過激派武装集団・鬼兵隊の頭領となった高杉が共に登場するシーン。すっかり実写版・銀時をものにした風に見える小栗さえ、演じることに難しさを感じており、「他のキャラクターの皆はわかりやすい個性があると思うんですけど、銀さんは出会う人やタイミングによってキャラクターが変化する部分もあるので、意外ととらえ所がないんです。皆のキャラクターが強いので、この人たちが自分を銀さんだと信じてくれれば、おのずと銀時というキャラクターは立ってくるのかなと思って演じています」と打ち明ける。

 シリアスなシーンの撮影が繰り返し行われたが、小栗と堂本の集中力はさすがなもので、カメラが回っている間の緊張感はすさまじかった。しかし、休憩時間になれば笑い声が上がるのが、この『銀魂』の撮影現場。小栗と堂本、そこに福田監督やプロデューサーも加わり、待機中は仲良く談笑。満面の笑みがその場の空気を和ませていた。

1/2ページ

最終更新:7/6(木) 20:37
シネマトゥデイ