ここから本文です

【楽天】釜田、粘投4勝首位死守!梨田監督、球団通算800勝に「一つ一つ」

7/6(木) 7:04配信

スポーツ報知

◆ロッテ2―6楽天(5日・ZOZOマリン)

 ナインの思いが結集した。最後はいつも通り松井裕が締めて2連勝。接戦を制して「マイナス0・5ゲーム差」の首位を守り、球団通算800勝目を挙げた梨田監督は「しぶといかどうかは分からないけど、一つ一つということだね」とうなずいた。

 試合を作ったのは6月13日のヤクルト戦(神宮)以来の登板となった先発・釜田だ。自己最速を更新する154キロをマークするなど、6回2失点で4勝目。ローテの谷間を埋める十分な働きに「何とか粘って投げれば野手の皆さんが点を取ってくれると思った。感覚もよかった」と納得だった。

 野手も必死だった。1点を追う5回。先頭のペゲーロはボテボテの遊撃へのゴロで一塁まで激走し内野安打をもぎ取った。「打ったら全力で走るということは、いつも変わらない。走ることは自信があるから」。この一打をきっかけに逆転。9回はウィーラーが18号2ランを放って試合を決めた。

 4安打2打点で、途中から入った二塁で好守も見せた選手会長の銀次はナインの思いを代弁した。「自分たちの野球をやるだけです」。首位争いについて、指揮官の「まだ先は長い。まだ順位とかは特に考えない」というスタンスは変わらない。ソフトバンクはすぐ後ろに迫っているが、楽天のペースも決して落ちてはいない。(安藤 宏太)

最終更新:7/18(火) 16:01
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 17:55