ここから本文です

広島、2戦連続零敗でも余裕アリ 打線湿ってる?7差変わらず

7/6(木) 6:03配信

デイリースポーツ

 「広島0-5巨人」(5日、マツダスタジアム)

 広島が2年ぶりの2試合連続完封負け。菅野の前に六回まで3安打無得点。七回以降はマシソン、西村、カミネロに封じられた。ただ、2位・阪神とのゲーム差は「7」で変わらず。慌てる必要は全くない。気持ちを新たにし、同一カード3連戦3連敗だけは回避する。

 1点が遠かった。スコアボードに並んだ9個の「0」。菅野を攻略できず、中継ぎ陣からも本塁を奪うことができなかった。4安打無得点で、2年ぶりの2試合連続完封負け。緒方監督は「1点1点を(取る)という攻撃をさせてもらえなかった」と相手エースに脱帽した。

 得点圏に走者を置いたのは一度だけ。剛球に加え、多彩な変化球でねじ伏せられた。初回2死一塁では、鈴木が三ゴロ。松山の中前打をきっかけに1死一、二塁とした0-1の五回は会沢が二ゴロ併殺。「得点圏だったので、何とか1本出れば良かったんだけど」。二回には一走の西川がけん制タッチアウトになる場面もあり、歯車がかみ合わなかった。

 前日4日は、田口らの前に4安打完封負けを喫した。石井打撃コーチは「昨日のことを引きずったような気がした。対策を講じて試合に入ったんだけど。点を取らないと勝てない」と振り返った。

 それでもチームは下を向くことはない。打ち崩すことはできなかったものの、好投手を前に指示通り、ファーストストライクから積極的なスイングはできた。石井コーチは「入りは良かった。あとは結果なので。そこはどうこう言うつもりはない。長いシーズン、こういうことはある」。続けて「2試合連続完封負けは受け止めないといけないけど、逆にこれでスッキリした」。得点を奪うまでの過程も重視し、今後の戦いを見据えた。

 2位・阪神が敗れたため、ゲーム差は「7」のままだが、6日の一戦は同一カード3連戦3連敗を回避するための大事な戦いになる。相手先発は地元・呉市出身で初対戦となる新人の畠。チーム打率、本塁打、得点、盗塁など打撃部門でリーグトップを誇る攻撃陣。2試合連続完封負けにもまだまだ慌てる必要はないが、前半戦は残り7試合。目の前の1試合に全力を尽くし、連敗を止める。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 7:50