ここから本文です

<最上の命医>斎藤工主演のSPドラマが8月放送 恩師役で草刈正雄も出演

7/7(金) 6:00配信

まんたんウェブ

 俳優の斎藤工さんが小児外科医・西條命役で主演するスペシャルドラマ「最上の命医 2017」(テレビ東京系)が8月に放送されることが7日、明らかになった。同ドラマは2011年1月クールに全10話で放送された連続ドラマ「最上の命医」の特別編で、昨年2月に約5年ぶりに放送したドラマスペシャル「最上の命医2016」が反響を呼び、今回ドラマスペシャル第2弾として放送する。今作では西條命の恩師で、命と“生命を巡る対立”をする手塚義富役で草刈正雄さんも出演する。

【写真特集】斎藤工の白衣姿もかっこいい 草刈正雄のソロショットも

 斎藤さんは“シリーズ3作目”の放送について「非常にうれしかったです」と喜び、草刈さんとの共演については「ものすごく優しい方なので、今回の小児外科医という、子供や若い命と接する人として、とてもふさわしい方とご一緒できたと思いました」とコメント。また、今作の見どころについては「こんなに盛りだくさんで、ドラマチックな『最上の命医』は初めてではないでしょうか。草刈さんも先ほど会話の中で『本(脚本)がいいね』とおっしゃっていましたし、僕も(台本の)初稿(台本)をいただいたときに、ボロボロ泣いてしまったくらい本が素晴らしくて」とコメントしている。

 また、斎藤さん演じる命と“生命を巡る対立”をする草刈さんは「とても脚本がいいですね。僕ら役者は、なんといっても脚本なんですね。脚本で決まります。それにちょっとハマりましてね。久々にいい役をいただいて、楽しんで演じています」とコメント。斎藤さんとの共演については「いいですね。彼は、独特の雰囲気を持っていますね。あの雰囲気はなんとも言えないです」と語っている。

 ドラマは、橋口たかしさん作、入江謙三さん原作で「週刊少年サンデー」(小学館)で連載されたマンガ「最上の命医」「最上の明医~ザ・キング・オブ・ニート~」が原作。米国で最優秀若手医師賞を受賞するほどの技術を持つ小児外科医・命(斎藤さん)はある日、呼吸困難の中学生・萩尾萌絵が妊娠高血圧症と気づいて近くの病院に飛び込むと、そこは師弟関係にあった小児外科の権威・手塚義富(草刈さん)の病院だった。手塚から病院で働くことを誘われた命は萌絵の担当を条件に承諾する……というストーリー。