ここから本文です

ポドルスキ来日 レッドカーペットで登場 サポーター、独メディアら1000人集結

7/6(木) 9:46配信

デイリースポーツ

 J1神戸に完全移籍で加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が6日、来日した。早朝に関西空港に到着し、午前7時38分には自身の公式ツイッターに「Osaka」と絵文字入りで投稿。その後、チャーター機で神戸空港に移動した。神戸空港では歓迎の放水に迎えられ、隣接するヒラタ学園神戸エアセンターに姿を現すと、待ち受けたサポーターから大歓声が湧き上がった。

【写真】集まったサポーターと一緒に自撮りするポドルスキ

 ポドルスキは片仮名で愛称の「ポルディ」と描かれ、後頭部には日の丸も刺繍された帽子をかぶり、約60メートルのレッドカーペットを悠然と歩きながらハリウッドスターさながらに笑顔でサポーターの呼び掛けに応え、サインや写真撮影に30分以上応じる“神対応”ぶりだった。

 クラブ関係者によると来日イベントには、ドイツ公共放送連盟などドイツメディア4社も含む報道陣50社120人が取材に訪れ、サポーターも合わせると1000人が詰め掛ける一大イベントとなった。

 正午から神戸市内のホテルで入団会見を行う予定となっている。



 ◆ルーカス・ポドルスキ(Lukas・Podolski)1985年6月4日、ポーランド・グリヴィツェ出身のポーランド系ドイツ人。ドイツ・ケルンの下部組織から03年にトップチーム昇格。バイエルン・ミュンヘン、ケルンを経て、12年に英プレミアリーグ・アーセナルに完全移籍。15年1月にイタリア1部(セリアA)インテル・ミラノに期限付き移籍し、同年7月にはトルコ1部ガラタサライに完全移籍した。ドイツ代表として06年からW杯3大会連続出場。17年3月に代表引退試合としてい行われた親善試合イングランド戦でゴールを決めた。ドイツ代表通算130試合49得点。16年欧州選手権を最後に代表引退を表明した。182センチ、83キロ。利き足は左。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合