ここから本文です

“異端者(ダイバージェント)”の秘密が明らかになる!?最終章に向けたダイジェスト予告が解禁!

7/6(木) 12:00配信

Movie Walker

シリーズ累計3700万部のセールスを誇る世界的ベストセラーを原作とした近未来SFアクション大作『ダイバージェント』。8月19日(土)に公開される完結編『ダイバージェント FINAL』に向け、これまでの物語を振り返るダイジェスト版予告が到着。前2作のストーリーのおさらいと最新作の見どころを、わずか5分で知ることができる!

【写真を見る】ナオミ・ワッツ演じるイブリンは、強権的にシカゴを支配する

生まれ持った適性によって、5つの派閥「無欲」「平和」「高潔」「勇敢」「博学」に分類・管理される近未来のシカゴを舞台に、すべての派閥の特性を持ち合わせる“異端者(ダイバージェント)”とされた少女トリスの戦いを描く本シリーズ。

第1作『ダイバージェント』では、自らの運命を受け入れ、秘めた能力を覚醒させながら強大な権力に立ち向かうトリスの姿を活写。ド派手な映像に加え、派閥システムという特異な設定が話題を呼び、世界興行収入2億6000万ドルを突破した。

続く第2作『ダイバージェントNEO』では、人類存在に関する秘密が隠された“箱”の存在が明らかに。権力者とトリスたちの“箱”をめぐる新たな戦いが目まぐるしく展開し、クライマックスではついに封印が解かれた“箱”から、物語の核心に迫る重大な秘密が明かされた。

そして最終章『ダイバージェント FINAL』は、街を取り囲むフェンスの外の世界が舞台。派閥システムが崩壊し、内戦の気運が高まるなか、人類存続の未来を外の世界に見出したトリスらは脱出作戦を決行。だが、そこで待ち受けていたのは、「異端者」にまつわる驚愕の事実と、人類の記憶を消去し世界を“リセット”しようと企む巨大組織の陰謀だった…。

多くの謎が次々に明かされる最終章。未知の世界への脱出、友情と裏切り、人類の命運を懸けた激闘など、怒濤のアクションと衝撃の展開は、シリーズを締めくくるにふさわしい興奮とスリルに満ちている。また、ヒロイン・トリスが、少女から強い女性へと成長を遂げていく姿も注目すべき点だ。これまでのストーリーを忘れてしまっている人も、シリーズ未体験の人も、ダイジェスト予告を観て圧巻のフィナーレに備えよう!【トライワークス】

最終更新:7/6(木) 12:00
Movie Walker