ここから本文です

テニス=ウィンブルドン、羽アリに苦戦する選手が続出

7/6(木) 13:33配信

ロイター

[5日 ロイター] - テニスのウィンブルドン選手権が開催されているロンドン郊外のオールイングランド・クラブでは5日、30度を超える気温と湿度の高さのために大量の羽アリが襲来して選手や大会関係者、観客を苦しめた。

男子シングルス第12シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)は、2回戦の試合中に羽アリにまとわりつかれた。「変な感じだった。鼻と耳の中にも入ってきた」とこぼした。

同第24シードのサム・クエリー(米国)も試合中に羽アリの襲来に見舞われた。「ボールを打とうとすると顔に当たり、プレーを止めようとすら思った」とコメント。

錦織圭も2回戦に勝利した後、「ラリー中に2回くらい顔に飛んできた」と話した。

最終更新:7/6(木) 13:33
ロイター